« 文我・宗助 二人会 (3/26) | トップページ | 文太の会@高津の富亭(4/3) »

山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語)

山本能楽堂へ。

Y2

を主題に能・文楽・落語を一気に味わおうという贅沢な企画。それらを旭堂南海さん(ナビゲーター)による講談で繋いでゆく。

  • 能「吉野天人」
  • 文楽「義経千本桜より道行初音の旅」
  • 落語「百年目」(桂 宗助)

Y1

とても音響のよい能楽堂で、間近に観る日本の古典芸能はまた別格の味わい。

能や文楽は長時間だと退屈してしまうが、”いいとこ取り”で短く、その魅力・美がより鮮明になった。またテキストに原文が添えられているので内容が理解し易かった。何を喋っているのか分からないというのが鑑賞する上での大きな障害となっているので。

僕は狂言よりも能の方に惹かれるものがある。おそらく能には笛や太鼓が伴っているからだろう。空間(能舞台)と時間(音曲)。能は映画やオペラ、ミュージカルと同様、総合芸術である。

また「義経千本桜」を観て、落語「初音の鼓」がこれに由来することを今回初めて知った。

宗助さんは米朝師匠の芸風に最も近い噺家と言われている。物真似はそっくりだし、端正なところも共通している。ただ宗助さんは師匠よりも、もっと軽やかな印象だ。丁稚の可愛らしさも特筆すべき。「百年目」では桜ノ宮の花吹雪の情景が目の前に一斉に広がった。

今年もまた、吉野の桜を見に往きたくなった。

|
|

« 文我・宗助 二人会 (3/26) | トップページ | 文太の会@高津の富亭(4/3) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51233876

この記事へのトラックバック一覧です: 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語):

« 文我・宗助 二人会 (3/26) | トップページ | 文太の会@高津の富亭(4/3) »