« 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語) | トップページ | 林家正雀、桂九雀/江戸っ子だってねぇ!Vol.4 »

文太の会@高津の富亭(4/3)

落語「高津の富」や「崇徳院」の舞台となった高津神社へ。

20110403131454

20110403154603

既に桜は満開だった。

  • 桂 文太/代脈
  • 桂 文太/立ち切れ線香
  • 露の 雅/運廻し
  • 桂 文太/高倉狐(贋作)

名人・文太師ではあるが、「立ち切れ」はどうもニンに合っていない気がした。やはり飄々とした滑稽噺がいい。

高倉狐」は江戸で「王子の狐」と呼ばれている。初代・三遊亭圓右が上方噺を東京に移殖したもの。 上方では殆ど滅んでしまっていて、文太さんがさらに逆輸入したらしい。だから「贋作」。これはすごく良かった。今回のベスト。

高津神社の中、本殿のすぐ右側に高倉稲荷がまつられている。

20110403154719

20110403154837

噺の舞台となった場所で聴く落語というのは、また格別の味わいがある。

|
|

« 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語) | トップページ | 林家正雀、桂九雀/江戸っ子だってねぇ!Vol.4 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51298140

この記事へのトラックバック一覧です: 文太の会@高津の富亭(4/3):

« 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語) | トップページ | 林家正雀、桂九雀/江戸っ子だってねぇ!Vol.4 »