« ザ・ファイター | トップページ | 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語) »

文我・宗助 二人会 (3/26)

梅田・太融寺へ。

Bunsou

  • 露の団姫/道灌
  • 桂 宗助/親子酒
  • 桂 文我/猫定
  • 文我&宗助/ネタあれこれ
  • 桂 文我/初音の鼓
  • 桂 宗助/卯の日詣り

団姫さんは露の五郎兵衛・大師匠の川柳

まだ枯れず まだ老いず まだ未熟者

などを披露。

親子酒」のマクラで宗助さんは米朝師匠から朝の6時半に電話で、酒の相手を仰せつかった思い出話を。「今夕6時に(米朝宅へ)来てくれ」……「皆さん、どう思われます?芸者じゃないんですから!」と。なお、このネタは九雀さんから教わったそう。変わった稽古で、芝居のエチュードみたいに父親役、息子の嫁さん役など、どんどん互いに役代わりしながら会話を交わしていった。「そういえば、うちの師匠(枝雀)もそんな稽古してましたわ」と文我さん(九雀・文我は兄弟弟子)。

怪奇談「猫定」は東京の噺で、三遊亭圓生→林家正雀→文我というルートで伝授されたようだ。

「ネタあれこれ」では文我さんが宗助さんに向かって開口一番「あなたを見るといつも『出前一丁』を思い出す。『あーらよ』みたいな顔」とからかい、落語家の稽古風景の話題へ。文我さんが春團治師匠から「お玉牛」の稽古を受けた時、「僕が牛になろう。さわってごらん」と演じてくれたエピソードを披露すると、宗助さんは米朝師匠の物まねをしながらよく稽古中に「そんなこと言うたかいな」とぼやかれたと。師匠は”いらち”で、昔はイライラし出すと煙管をポンポン叩いたという。

初音の鼓」のマクラで文我さんは自分の目の前で、骨董屋が電話一本で”井戸の茶碗”を一千万円で購入し、直ちに二千万円で売り捌くのを目撃したという話を。

卯の日詣り(背虫茶屋)」は「かったい」=癩(らい)病、「せむし」、「乞食」など放送禁止用語のオン・パレード。宗助さんは入門して7年目にこれを演じ、それから10年後にもう一度演じ、今回が3回目だとか。米朝師匠からは「機会があればやってみてくれ」と言われたそう。サゲは「あんたも早よぉ、背中の笊(いかき)出しなはらんか」これも中々残酷。でも、とても珍しいものが聴けて良かった。

|
|

« ザ・ファイター | トップページ | 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51213429

この記事へのトラックバック一覧です: 文我・宗助 二人会 (3/26):

« ザ・ファイター | トップページ | 山本能楽堂/桜景色三色(能・文楽・落語) »