« 桂文枝七回忌追善落語会 (3/12) | トップページ | 笑福亭松喬還暦落語会 (3/19) »

2011年3月26日 (土)

トリイどっかんBROTHERS Vol. 4

3月16日(水)、TORII HALLへ。

  • 桂  文華/いらち俥
  • 月亭遊方/戦え!サンダーマン(遊方 作)
  • 笑福亭鶴笑/しょーもないもん屋(仮題、鶴笑 作)
  • 鶴笑・遊方・文華/ゲームコーナー

Torii

3人による雑談をマクラとして繋いでゆくユニークな落語会。

「久しぶり」という文華さんの「いらち俥」は勢いがあってどんどん加速する、躍動感溢れる高座。最後はハーハー息を切らしながらの熱演。

遊方さんは前回のどっかん同様、声が嗄れていた。「戦え!サンダーマン」は以前、三風さんで聴いたことがあるが、本家本元は初めて。ラッキー!マクラで、ウルトラの父と母の実の息子はウルトラマンタロウだけという雑学も。へぇ〜。

鶴笑さんは押入れに眠っていた様々な自作小道具のコレクションを「これを世に出そう」と披露。はしご人形、風船式のパイプオルガン、しゃべる手袋、等々が次々に日の目を見た。くだらないといえば確かにくだらないのだが、そこがいい。なお「ブログにはタイトルを《文七元結》と書いておいて下さい」と。

最後のクイズゲームはいつも通りグダグダ。間延びして企画倒れ。これは再考を要す。でも、そこまではすこぶる面白かった。

終始三人はノリノリだったが、逆に客席は普段と比べて元気がなかった。日々報道される震災の深刻さに皆打ちのめされ、しゅんとしている感じ。こういう時こそ笑いが必要!

|
|

« 桂文枝七回忌追善落語会 (3/12) | トップページ | 笑福亭松喬還暦落語会 (3/19) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51154978

この記事へのトラックバック一覧です: トリイどっかんBROTHERS Vol. 4:

« 桂文枝七回忌追善落語会 (3/12) | トップページ | 笑福亭松喬還暦落語会 (3/19) »