« さん喬・喬太郎 親子会/亀屋寄席 | トップページ | 桂九雀/落語と噺劇の会(day & night) あるいは、「芝浜」論 »

2011年3月 3日 (木)

月亭遊方のラディカル・コメディ・シアター (2/24)

For_you

2月24日(木) 心斎橋にあるバー、FINNEGANS WAKE (フィネガンズ・ウェイク) 1+1へ。

Y1

月亭遊方さんの実験的趣向による落語会。今回が第2回目(最初の写真は第1回目のチラシ)。限定20名の小さなスペース。料金2,000円で1ドリンク付き。

たっぷりのマクラ。八方師匠の元へ来た、ミックス・ジュースが好きでアホな入門志願者のことや、師匠が息子・八光に託した夢の話など。なんと八方さんが入学した浪商高校野球部はレギュラー15人に対し、部員が800人もいたとか!詳しくはこちら

八光が所属していたリトル・リーグのお母さんたちによる”えげつない”応援を再現してくれたのだが、これがすこぶる面白い。

今回は座布団に座らず、ラフな格好で椅子に腰掛けての口演。

  • 公園の幼児ん坊(遊方 作)
  • 親子酒

古典落語「親子酒」は着物。その下はTシャツで、足にブーツという格好。物語を完全に現代に移し替え、うどん屋の代わりにラーメン屋が登場。

まぁ正直言って演じる場所と服装が目新しいだけで、いつもの遊方スタイル。ラディカルでもなければ実験的でもないけれど、色々興味深い話が聴けて、パーソナルで愉しい会だった。

|
|

« さん喬・喬太郎 親子会/亀屋寄席 | トップページ | 桂九雀/落語と噺劇の会(day & night) あるいは、「芝浜」論 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50971610

この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方のラディカル・コメディ・シアター (2/24):

« さん喬・喬太郎 親子会/亀屋寄席 | トップページ | 桂九雀/落語と噺劇の会(day & night) あるいは、「芝浜」論 »