« 立川談春 独演会/子別れ(上・中・下)通し | トップページ | ニーノ・ロータの交響曲 日本初演!〜児玉宏/大阪交響団 »

2011年3月29日 (火)

フィリップ・ベルノルド/フルートリサイタル 2011

3月9日、いずみホールへ。

Flute

1987年ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールに優勝し、現在はフランス国立リヨン・コンセルヴァトワール教授、フィリップ・ベルノルドのコンサートを聴く。これに是非行きたいと想ったのは、下記演奏会で彼の演奏に魅了されたからである。

今回のプログラムは

  • シューベルト/「しぼめる花」による序奏と変奏
  • シューベルト(ベーム 編)/2つの歌曲「おやすみ」「セレナーデ」
  • ベーム/シューベルトの主題による幻想曲
      - Intermission -
  • マルタン/フルートとピアノのためのバラード
  • ブルーノ・マントヴァーニ/アペルデール
  • プロコフィエフ/フルートとピアノのためのソナタ

ピアノ伴奏はアリアンヌ・ヤコブ。

前半はすべてシューベルトの歌曲に因むもの。

しぼめる花」には孤高の響きあり、ゾクゾクッとした。柔らかく、軽やか。エスプリに溢れエレガント。一音一音の粒が揃い、不発がない。

続く2つの歌曲はやさしく、切々と哀しい歌を奏でる。

一転して「シューベルトの主題による幻想曲」は華麗で、お花畑のようにカラフル。なお作曲者のベームはモダン楽器=ベーム式フルートを開発した人。

1939年、第二次世界大戦勃発の年に書かれたマルタンの曲は前半、不安感と焦燥感に満ちている。そこからは魂の叫びが聴こえる。しかし抒情的な中間部を経てフィナーレではピアノが鐘の音を模し、コラールのように清浄な響きがあった。発表された同年、ジュネーヴコンクール課題曲となった。

1974年生まれのマントヴァーニは2010年に35歳の若さでパリ音楽院院長に選出された。「アペルデール」は2000年に発表され、翌年にジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールの課題曲になった。風を切る音、息の音。尺八や篠笛を思わせる音程の変化。フラッタリング(fluttering)。楽器の性能をフルに活用した不思議な曲だった。

躍動感あるプロコフィエフのソナタはプーランクと並ぶ20世紀の最高作。ベルノルドは芯の太い音でどっしりと大地を踏みしめる。姿勢の美しさ。そして上半身がよく動く。第2楽章は疾風怒濤の如し。第3楽章は幻夜。夢想の世界が広がってゆく。そして力強い第4楽章へ。

アンコールは

  • ドビュッシー/シリンクス(パンの笛)
  • タファネル/ミニヨンの主題によるグランド・ファンタジー
  • プーランク/フルート・ソナタ 第1楽章

シリンクスは豊かな響きで無限の音色があった。プーランクのソナタをしてくれたのも驚いた。何というサービス精神!

フィリップ・ベルノルドエマニュエル・パユ(ベルリン・フィル主席)、ヴォルフガング・シュルツ(ウィーン・フィル主席)、マチュー・デュフォー(シカゴ響主席)らと肩を並べる、世界トップのフルーティストである。必聴。

|
|

« 立川談春 独演会/子別れ(上・中・下)通し | トップページ | ニーノ・ロータの交響曲 日本初演!〜児玉宏/大阪交響団 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51087157

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップ・ベルノルド/フルートリサイタル 2011:

« 立川談春 独演会/子別れ(上・中・下)通し | トップページ | ニーノ・ロータの交響曲 日本初演!〜児玉宏/大阪交響団 »