« 創作落語の会(三枝・福笑・仁智・あやめ) | トップページ | 工藤重典&関西の笛吹きたち vol.1/フルートライブ・セッション »

笑福亭福笑・たま/たった二人の一門会

2月5日(土)繁昌亭へ。補助席もいっぱいの大盛況。

F1

F2

  • 笑福亭たま/山寺瓢吉(福笑 作)
  • 笑福亭福笑/幽霊狂詩曲(福笑 作)
  • 笑福亭たま/初天神
  • 笑福亭福笑/口入屋

「『山寺瓢吉』を師匠の前で演じるのは今回が初めて。また古典『初天神』は師匠より先に覚えたネタなので、二重の意味で緊張します」と、たまさん。

その「山寺瓢吉」は脱獄犯が人質をとって立てこもる噺で、過剰な登場人物たちがすこぶる面白かった。

初天神」は生意気な息子の描き方が秀逸。キレる父親が、物語の進行と共に次第に幼児化していくのがいいね。

福笑さんは「世相のアラで飯を食うのが我々芸人」であると、大相撲の話題をマクラに。力士は「はだか芸者」であり、エンターテイナーたれ、という持論を展開。成る程と首肯した。「過激だ」と評されることもあるが、どうしてなかなか福笑さんは理性的な人である。

好色な番頭が最高に可笑しい「口入屋」にも大満足。終演後「笑い疲れたね」と客席の声。天晴れなり!

|
|

« 創作落語の会(三枝・福笑・仁智・あやめ) | トップページ | 工藤重典&関西の笛吹きたち vol.1/フルートライブ・セッション »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50800088

この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭福笑・たま/たった二人の一門会:

« 創作落語の会(三枝・福笑・仁智・あやめ) | トップページ | 工藤重典&関西の笛吹きたち vol.1/フルートライブ・セッション »