« 笑福亭福笑・たま/たった二人の一門会 | トップページ | あの「幻の定期」から4年!〜遂に実現した大植英次のブラームス/交響曲 第4番 »

2011年2月 9日 (水)

工藤重典&関西の笛吹きたち vol.1/フルートライブ・セッション

ザ・フェニックスホールへ。

K2

日本No.1のフルーティスト・工藤重典さんと、仲間たちの和気藹々たるコンサート。

フルート:工藤重典榎田雅祥(元・大阪フィル)、小林志穂(現・大阪交響楽団)、長山慶子(元・大阪センチュリー)、山腰まり(兵庫芸文管弦楽団アソシエイト・プレイヤー)。ピアノ:鈴木華重子

  • ボアモルティエ/5本のフルートのための協奏曲 第3番
     1工藤 2長山 3小林 4山腰 5榎田
  • ベルリオーズ/オラトリオ「キリストの幼時」~若いイシュマエルのトリオ
     1工藤 2榎田 Pf鈴木
  • ドヴィエンヌ/3本のフルートのためのトリオ 第1番
     1工藤 2山腰 3小林
  • ップラー/シューベルトの主題によるコンセール・パラフレーズ
     1榎田 2長山 Pf鈴木
  • ュナン/「雨が降る」の主題による幻想曲
     Picc山腰 Pf鈴木
  • ショッカー/2本のフルートのための「遥かなる冒険」
     1永山 2小林 Pf鈴木
  • ボリング/フルートとジャズピアノのための組曲 第2番より〈エスピエーグル〉
     工藤 Pf鈴木
  • ロレンツォ/シンフォニエッタ(フルート風ディヴェルティメント)
     1小林 2工藤 3(+Picc)山越 4長山 5(Alto)榎田
  • ジョプリン/メイプル・リーフ・ラグ(アンコール、歌あり!)
  • マンシーニ/映画「ハタリ!」~小象の行進(アンコール、象の鳴き声付き)

全曲、フルートのためのオリジナル曲。アンコール以外は初めて聴く音楽ばかりだった。

フルート5人で演奏したボワモルティエ(1689-1755)とロレンツォ(1875-1962)は妙なるハーモニーで均整のとれた美があった。

キリストの幼時」は優しく可愛らしい曲。

ドヴィエンヌ(1759-1803)はモーツァルトの音楽に雰囲気が似ており、軽やか。

ドップラー(1821-1883)は華麗で、縦横無尽な超絶技巧を披露。

ジュナン(1832-1903)のピッコロ演奏は、小鳥の囀りを彷彿とさせる。嵐の描写も。

ニューヨーク在住の作曲家ショッカー(1959- )は都会的でJAZZY。粋だね。

今回、一番気に入ったのはボリング(1930- )の曲。「エスピエーグル」とはいたずらっ子のことだそう。組曲 第1番は工藤さんの師ジャン・ピエール・ランパルが初演している。一陣のつむじ風が吹き抜けていくかのような爽快感。切れがあり、クール。惚れた!

工藤さんのフルートは太く豊かで、大きな音がする。また、鈴木さんのピアノも達者でお見事。アンサンブルの愉しさを堪能した。

|
|

« 笑福亭福笑・たま/たった二人の一門会 | トップページ | あの「幻の定期」から4年!〜遂に実現した大植英次のブラームス/交響曲 第4番 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50800087

この記事へのトラックバック一覧です: 工藤重典&関西の笛吹きたち vol.1/フルートライブ・セッション:

« 笑福亭福笑・たま/たった二人の一門会 | トップページ | あの「幻の定期」から4年!〜遂に実現した大植英次のブラームス/交響曲 第4番 »