« 第83回アカデミー賞大予想! | トップページ | 丸谷明夫×下野竜也/吹奏楽とオーケストラの邂逅、そして大フィル待望の「大阪俗謡による幻想曲」! »

英国王のスピーチ

評価:A+

King

米アカデミー作品賞・監督賞・主演男優賞・オリジナル脚本賞を受賞。映画公式サイトはこちら

(ナチス・ドイツと対峙した)吃音の英国王ジョージ6世と、言語聴覚士ライオネル・ローグの友情の物語である。

ジョージ6世にとってラジオから国民に直接語りかけることこそ、彼にとっての「戦い」だったことが映画を観ているとよく分かる。脚本が素晴らしい(脚本家自身、幼い頃は吃音だったそうである)。感動的で、爽やかな「読後感」(←映画の場合、どう言うの?)が余韻として残る。

それにしても貧乏くじを引かされたジョージ6世は、本当に気の毒だなぁとつくづく同情する。しかし彼は運命に果敢に挑んでいった。その生き様に僕は勇気を貰った。

英国王を演じたコリン・ファースの演技はパーフェクト。文句なしのアカデミー賞受賞である。オーストラリア出身の名優ジェフリー・ラッシュ(相変わらず上手い)や、体重を増やして撮影に臨んだヘレナ・ボナム=カーターらがしっかり脇を固め、手堅いアンサンブルで愉しませてくれる。

トム・フーパー監督(1972年、ロンドン生まれ)はまだ若いが、その非凡な才能を存分に発揮した。人物の撮り方(カメラ・アングル)が独特、個性的だ。

アレクサンドル・デプラの音楽は地味ながら、ピアノを主体として密やかに、どんどん転調してゆく。真に美しい!好きだなぁ。

必見。

|
|

« 第83回アカデミー賞大予想! | トップページ | 丸谷明夫×下野竜也/吹奏楽とオーケストラの邂逅、そして大フィル待望の「大阪俗謡による幻想曲」! »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50993008

この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ:

« 第83回アカデミー賞大予想! | トップページ | 丸谷明夫×下野竜也/吹奏楽とオーケストラの邂逅、そして大フィル待望の「大阪俗謡による幻想曲」! »