« マーラーの歌曲とベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲Ⅰ/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 一路真輝 主演/ミュージカル「アンナ・カレーニナ」 »

田辺寄席(桂こごろうの段)→笑福亭たま/ナイトヘッド (2/19)

田辺寄席(夜席)へ。

  • 桂佐ん吉/始末の極意
  • 桂こごろう/くやみ
  • 桂 文太/運廻し
  • 桂 九雀/神隠し(かみかくし)
  • 桂こごろう/高津の富

開口0番(文太の前ばなし)は「現代落語論」。天才・立川談志がなんと29歳の時に書いた名著である(1965年初版)。文太さんによると出版された当時、「なんば花月」の楽屋で仁鶴さんも読まれていたとか。本の中に登場する小噺もいくつか紹介された。

くやみ」ではここごうさんが顔のパーツ(目、鼻、口など)を「広げた笑顔」と「中央に寄せたくやみの表情」の対比が可笑しい。のろけだけ言って帰る弔問客の生き生きした描写もいいね。

文太さんの「運廻し」は途中から独自の味付けが。特に地下鉄・御堂筋線(ほまち→しさいばし→なば)から南海線に乗り換え(→しいまみや→てがちゃや→・・・)「林間田園都市(””が4つ)」駅に到着する展開には爆笑。ここで往復して””がさらに2倍になるのだが、「このギャグは(故)枝雀師匠も感心して下さいました」と。

文太さんも聴いたことがないという「神隠し」はもしかしたら小佐田定雄さんの新作かな?と思っていたのだが、九雀さんは眼鏡を外して登場。おっ、古典を演じるときの”クラシック型”だ!どうやら約300年前に滅んだ「超古典落語」(小佐田さん脚色)らしい。上方落語にしばしば登場する放蕩な若旦那が主人公で、サゲも上々。なななか面白かった。

田辺寄席を後にし、お次は繁昌亭レイトショーへ。

  • 笑福亭喬介/つる
  • 笑福亭たま/代書屋
  • 旭堂南海/山内一豊の妻、千代(講談)
  • 笑福亭たま/新作ショート落語+こうじゅん(たま 作)

喬介くんはアホなキャラクターが絶品!甲高い声で陽気な高座、実に愉快だった。

たまさんは高学歴で嫌味な代書屋と、学がなく無茶な依頼人とのコントラストが鮮明。上手い。

春蝶さんで落語版「山内一豊と千代」を聴いたことはあったけれど、オリジナルの講談は初。南海さんは心地よい語り口で、味わい深い一席。

たまさんの新作ショート落語は不発。「こうじゅん」は86歳の老婆がヒアルロン酸の原液を自己注射し、堀北真希みたいに若返って恋に落ちる噺。しかし薬の効果が次第に短くなってきて……。アイディアとしては面白いのだが、ギャグがくどく、些か冗長に感じられた。でもさらに手を入れれば、「伝説の組長」「憧れの人間国宝」みたいな鉄板ネタに成長する可能性も。

|
|

« マーラーの歌曲とベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲Ⅰ/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 一路真輝 主演/ミュージカル「アンナ・カレーニナ」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50930077

この記事へのトラックバック一覧です: 田辺寄席(桂こごろうの段)→笑福亭たま/ナイトヘッド (2/19):

« マーラーの歌曲とベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲Ⅰ/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 一路真輝 主演/ミュージカル「アンナ・カレーニナ」 »