« 桂雀々/利久寄席(1/15) | トップページ | ショパン国際ピアノ・コンクール2010入賞者ガラ・コンサート »

2011年1月18日 (火)

笑福亭たま 新人賞受賞!/なにわ芸術祭「新進落語家競演会」

1月17日(月)繁昌亭へ。抽選だった「新進落語家競演会」入場整理券の応募は10倍だったそう。

出演者は上方落語協会から推薦された入門10年前後の噺家で、月例の「島之内寄席」に出演した8人。この中から新人賞および奨励賞(次点)が選出される。持ち時間は12分。

審査員の面々は、

  • 伊藤雄三(毎日放送ゼネラルプロデューサー)
  • 金森三夫(産経新聞社文化部)
  • 河内厚郎(演劇評論家、「関西文学」編集長)
  • 水戸 徹(関西テレビ放送プロデューサー)

くじ引きで順番が決められ、最初に権利を得たたまさんが8番目(トリ)、次に権利を得たしん吉さんが7番目を選んだ。最後まで残ったのが開口一番。

  • 笑福亭智之介/桃太郎
  • 笑福亭由瓶/阿弥陀池
  • 林家卯三郎/ふぐ鍋
  • 桂 三弥/くもんもん式学習塾(三枝 作)
  • 桂ひろば/テレスコ
  • 桂ちょうば/時うどん
  • 桂しん吉/かぜうどん
  • 笑福亭たま/ショート落語+憧れの人間国宝(たま 作)

由瓶さんは始終ハイテンションでやや一本調子だが、ダイナミックに「阿弥陀池」を熱演。もう少し動と静のメリハリがついたらいいと想うのだけれど。

ひろばさんが以前別の会で「テレスコ」を掛けた時、お客さんから「40年前、一度だけラジオで聴いたことがある」と言われたそう。けったいな噺を淡々と。こういう客に受けない、珍しいネタでコンテストに臨んだその心意気やよし!

しん吉さんは「時うどん」とネタが付く(内容がかぶる)ことを断り、「でも最初からこれを演るつもりで来たので」と。吉朝師匠の芸を受け継ぎたいという熱意は感じられるのだけれど、ちょっと硬かったかな。もっと軽やかさが欲しい。

たまさんは厳選されたショート落語8連発に続き、自信作で勝負。ネタはよく練られ、場内大爆笑!文句なし。

翌日審査結果が新聞発表され、新人賞(賞金10万円)は笑福亭たまさん、奨励賞(賞金5万円)は桂しん吉さんに決まった。

たまさんは過去に繁昌亭輝き賞および創作賞を受賞。昨年は「咲くやこの花賞」にも輝いた。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。

|
|

« 桂雀々/利久寄席(1/15) | トップページ | ショパン国際ピアノ・コンクール2010入賞者ガラ・コンサート »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50618508

この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭たま 新人賞受賞!/なにわ芸術祭「新進落語家競演会」:

« 桂雀々/利久寄席(1/15) | トップページ | ショパン国際ピアノ・コンクール2010入賞者ガラ・コンサート »