« 繁昌亭・新春公演 (1/1、1/2) | トップページ | 桂吉弥がトリ! 動楽亭昼席(1/4) »

久石譲/関西フィル ジルベスター・コンサート 2010

12月31日、ザ・シンフォニーホールへ。久石譲/関西フィルハーモニー管弦楽団のジルベスタースペシャル。台湾、北京、広州、香港、上海、東京と廻ってきたアジアツアーの最終公演。

全て久石さんの自作で、プログラム前半は作家性の色濃いミニマル・ミュージックから。

  • Links(JAPAN国際コンテンツフェスティバルCoFesta テーマ)
  • MKWAJU 1981-2009
  • Prime of Youth(大阪青年会議所Peace Conference 2010 テーマ)
  • The End of the World(全3楽章)

Linksは変化するリズムが面白い。MKWAJUはマリンバ、マラカス、ボンゴなどリズムセクションが充実。Prime of Youthは複雑な変拍子で、奏者がよく入るところを間違えないなぁと感心。

The End of the Worldは「After 9.11」をテーマにした作品。第1楽章Collapseは鐘の音が印象的。第2楽章Grace of the St.Paulはチェロのソロが悲痛な歌を奏で、オーケストラがJAZZYにSWING。第3楽章Beyond the Worldはリズムが躍動する。

休憩を挟み後半は映画音楽中心で、

  • おくりびと
  • 魔女の宅急便(海の見える街)
  • 千と千尋の神隠し(あの夏へ)
  • 菊次郎の夏(Summer)
  • 天空の城ラピュタ
  • 崖の上のポニョ
  • Oriental Wind(サントリー「伊右衛門」CM曲)

おくりびとからSummerまでの4曲は金管がホルンのみで、トランペット・トロンボーン・チューバはなし。

おくりびとはチェロのソロとピアノの対話が叙情的。魔女の宅急便にはヴァイオリン・ソロがあり、天空の城ラピュタはトランペット協奏曲仕立て。Summerはジャズ・ピチカートが良かった。

全て新たなアレンジ。名曲の数々に酔いしれた。

アンコールは

  • 風の谷のナウシカ(鳥の人~メイン・タイトル)
  • Wave(ピアノ・ソロ)
  • となりのトトロ
  • もののけ姫~アシタカとサン(ピアノ・ソロ)

風の谷のナウシカで客席は最高潮に盛り上がり、スタンディング・オベーションに。

Waveは宮崎駿さんの誕生日に久石さんが贈った曲だそう。

となりのトトロが終了し、オーケストラの楽員全員が引き上げても拍手が鳴り止まず、久石さんが一人だけ再登場し、アシタカとサンを弾いて下さった。

とっても素敵な大晦日の夜だった。

|
|

« 繁昌亭・新春公演 (1/1、1/2) | トップページ | 桂吉弥がトリ! 動楽亭昼席(1/4) »

Film Music」カテゴリの記事

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50497494

この記事へのトラックバック一覧です: 久石譲/関西フィル ジルベスター・コンサート 2010:

« 繁昌亭・新春公演 (1/1、1/2) | トップページ | 桂吉弥がトリ! 動楽亭昼席(1/4) »