« 久石譲/関西フィル ジルベスター・コンサート 2010 | トップページ | 2011年新春 関西のお勧めクラシック・コンサート!(吹奏楽を含む) »

桂吉弥がトリ! 動楽亭昼席(1/4)

桂ざこばさんが席亭を務める動物園前の動楽亭へ。

米朝一門による昼席を聴く。今年から若手にトリや中トリを任せる試み。

  • あおば/子ほめ(開口0番)
  • 鯛蔵/強情灸
  • 吉坊/軽業
  • 雀松/おごろもち盗人
  • 米左/親子茶屋
  • 九雀/たいらばやし
  • 吉弥/かぜうどん

吉弥さんがトリということで定員100名ギュウギュウの満席。雀松さんが「(動楽亭が)こんなに入ったのは見たことない」「いつもこれくらい来ましょう」との呼びかけに場内から笑いがこぼれる。

ざこばさんの八番弟子・あおばさんの高座は開演時間15分前から。中々の好青年で爽やか。

鯛蔵さんは勢いとスピード感があった。

吉坊さんはさすがの上手さ。

おごろもち盗人」では蚊取り線香のことを昔は蚊燻べ(かくすべ)と呼んでいた事を初めて知った。雀松さんの演じる飄々とした人物像が愉快だ。

九雀さんの「たいらばやし」は眼鏡をかけたままの《JAZZ型》で。「平林」という漢字の読み方をめぐる騒動を描く物語を解体し、再構成した斬新な一席。お見事!

また物売りの声の描写が愉しい吉弥さんの「かぜうどん」もよかったな。声のトーンの変化、瞬き、眉毛の上下など、手練手管を弄した鮮やかな高座だった。

|

« 久石譲/関西フィル ジルベスター・コンサート 2010 | トップページ | 2011年新春 関西のお勧めクラシック・コンサート!(吹奏楽を含む) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50498527

この記事へのトラックバック一覧です: 桂吉弥がトリ! 動楽亭昼席(1/4):

« 久石譲/関西フィル ジルベスター・コンサート 2010 | トップページ | 2011年新春 関西のお勧めクラシック・コンサート!(吹奏楽を含む) »