« 笑福亭鶴笑/「国境なき芸能団」イラク報告&落語会 | トップページ | 柳家喬太郎・柳亭市馬「二人のビッグショー」/笑福亭たま「ナイトヘッド」 »

2011年1月28日 (金)

柳家三三×桂吉弥 ふたり会(1/27)

天満天神繁昌亭へ。

Y1

再びこの季節が巡ってきた。昨年一月のこの会で吉弥さんの二番弟子(だった)弥生さんが初高座を踏んだ。

そのことを想い出し、ちょっと寂しい気持ちになった。

立ち見も出る満席。

  • 桂弥太郎/時うどん(吉朝版)
  • 桂 吉弥/親子酒
  • 柳家三三/しの字嫌い
  • 柳家三三/鮑のし
  • 桂 吉弥/不動坊

吉弥さんの一番弟子・弥太郎さんはセンテンスとセンテンスの間が空きすぎ。ダレる。

吉弥さんは「クリーニングママ号」テーマソングを出囃子に舞台へ(”ぼくはアヒルの洗濯屋~”という歌詞のクリーニングママ号について知りたい方は吉弥さんの「かぜうどん」をお聴きあれ)。息子さんの小学校で落語を演じギャラが2千円だったこと、その噂を聞いた娘さんの幼稚園からも要請があって落語をして、今度のギャラは千円だったことなどをマクラに「親子酒」へ。愛嬌のある酔っ払いが登場し、軽やかな一席。

三三さんは林家三平さんが婚約発表した翌日にフジテレビ「とくダネ!」のコメンテーターとして初めて出演したそうで、CM中に小倉さんが漏らした一言を明かされ、客席が盛り上がる。その中身については「ブログに書かないで」と釘を刺されたので、仁義を守る。番組終了後、三平さんから携帯に電話がかかり、「『とくダネ!』見たよ。無難なコメントをありがとう」と。飄々とした高座で愉しい。

鮑のし」は上方で「祝いのし」として春團治さんの高座を何度も聴いている。三三さんはディテールが克明で、また格別の味わいがあった。天然ボケの甚兵衛さんの描写が可愛らしい。

最後は吉弥さんが緩急自在の「不動坊」で鮮やかに締め、さすが東西の実力派らしい充実したふたり会であった。

|
|

« 笑福亭鶴笑/「国境なき芸能団」イラク報告&落語会 | トップページ | 柳家喬太郎・柳亭市馬「二人のビッグショー」/笑福亭たま「ナイトヘッド」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50705164

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家三三×桂吉弥 ふたり会(1/27):

« 笑福亭鶴笑/「国境なき芸能団」イラク報告&落語会 | トップページ | 柳家喬太郎・柳亭市馬「二人のビッグショー」/笑福亭たま「ナイトヘッド」 »