« 第十一回 笑福亭鶴志一人舞台(12/12) | トップページ | 村上春樹(原作)/映画「ノルウェイの森」 »

史上最狂の笑福亭

繁昌亭へ。

S1

S2

  • 笑福亭枝鶴/ご挨拶
  • 笑福亭鶴瓶/CHINGE(くまざわあかね 作)
  • 笑福亭松枝/蔵丁稚
  • 笑福亭福笑/宿屋ばばぁ(福笑 作)
  • 笑福亭松喬/花筏
  • 笑福亭枝鶴/質屋蔵

CHINGE」はネタおろしから聴いているが、マネージャーとの会話などにギャグが追加されており、さらに一層面白くなっている。

松枝さんは忠臣蔵に関する幾つかの小噺をマクラに。下ネタ連発なのがいかにも笑福亭らしい。

福笑さんの新作は這いつくばって登場する今にも死にそうな老婆が最高に可笑しい。

松喬さんは登場するや否や、「今回の面々の中で私が一番まとも」と言い、場内大うけ。内弟子時代、福笑さんにいじめられたと言いつつ、「播州弁が残る私に対し師匠から『なにわことばを覚えなさい』と言われ、福笑兄さんがチクチク指導してくれた。そのおかげで今日の私がある」とも。

調べてみると僕は今まで松喬さんの高座を11回聴いている。うち「花筏」が3回。遭遇率27%。出来れば別の噺が聴きたかった。

蔵丁稚」と「質屋蔵」はどちらも”丁稚”と”三番蔵”が出てくるのだけれど、これはネタが付く(一つの落語会でよく似た噺をする)ことにはならいのだろうか??・・・笑福亭の会なのだから、ひとつは「酒の噺」が聴きたかったなぁ。

|
|

« 第十一回 笑福亭鶴志一人舞台(12/12) | トップページ | 村上春樹(原作)/映画「ノルウェイの森」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50297088

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最狂の笑福亭:

« 第十一回 笑福亭鶴志一人舞台(12/12) | トップページ | 村上春樹(原作)/映画「ノルウェイの森」 »