« 延原武春/大フィルのウィーン古典派シリーズ III | トップページ | 福笑・鯉昇二人会 »

2010年12月 6日 (月)

染丸・権太楼 二人会

繁昌亭へ。

R2_2

江戸の「爆笑王」と言われる柳家権太楼さんとの初見参!

R3

  • 林家花丸/鉄砲勇助
  • 柳家右太楼/のめる
  • 柳家権太楼/居残り佐平次
  • 林家染二/貧乏神(小佐田定雄 作)
  • 林家染丸/包丁

のめる」は上方の「二人癖」。江戸版は隠居との会話から始まり、構成(時系列)が異なる。

権太楼さんは今年の夏は暑かったという話題から、6月ごろにお天道さんと会話して「俺も頑張るから、お前も頑張れよ!」と言ったのが悪かったと。なんともユニークなマクラ。そして五千人を前にトリを務めた青空寄席のエピソードへ。「居残り佐平次」は顔の表情の変化が豊かで、緩急の使い分けが鮮明。比較的ゆったりと噺が始まり、会話のリズムが次第に加速してゆくあの快感!名人芸をたっぷり堪能した。

染二さんの描く「貧乏神」は頼りなく、ひょろひょろした印象。

染丸さんの「包丁」は義太夫のお師匠はんの描き方が絶品!男に媚びたりせず、きりりと「個」を確立した女性像がそこにくっきりと浮かび上がった。

大変中身が濃く、大満足の会であった。

|
|

« 延原武春/大フィルのウィーン古典派シリーズ III | トップページ | 福笑・鯉昇二人会 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50224801

この記事へのトラックバック一覧です: 染丸・権太楼 二人会:

« 延原武春/大フィルのウィーン古典派シリーズ III | トップページ | 福笑・鯉昇二人会 »