« 最後の忠臣蔵 | トップページ | 人生万歳 »

白いリボン

評価:B

カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞。米アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたドイツ映画。

Weisse

映画公式サイトはこちら

第一次世界大戦前夜のドイツの村が舞台。ミステリ仕立てで様々な事件が起こるが、最後まで謎解きはされない。

その不気味さ、村に蔓延る「悪意」が、後に登場するナチズムへの序曲となっている。

いや、確かにその意図は理解出来るし、見応えある作品ではあるが、テーマ自体は目新しいものではない。僕は新鮮味を感じなかったし、それ程面白いとも思わなかった。実際、退屈した観客が多かったようで、映画館の3カ所くらいから高鼾が聞こえてきた(これだけ寝る人が多い映画も珍しい)。まぁ、その程度の代物である。

カラーで撮影し、それをデジタル処理でモノクロに変換。非常に鮮明で美しい白黒映像はアカデミー撮影賞にもノミネートされた。「ノルウェイの森」同様、デジタル上映でこそその威力を最大限に発揮するだろう。

Weisse_2

|
|

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | 人生万歳 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50448711

この記事へのトラックバック一覧です: 白いリボン:

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | 人生万歳 »