« 月亭遊方/とくとくレイトショー(11/15) | トップページ | 森 麻季 ソプラノリサイタル(11/17) »

レナード・バーンスタイン/ミュージカル「ワンダフルタウン」 

W91

梅田芸術劇場へ。

W1

レナード・バーンスタインが作曲したミュージカル「ワンダフルタウン」を観劇。これが日本初演となる。彼の系譜を見ると、

  • ミュージカル「オン・ザ・タウン」(1944年初演)
  • ミュージカル「ワンダフル・タウン」(1953年初演)
  • ミュージカル「キャンディード」(1956年初演/1989年最終改稿)
  • ミュージカル「ウエストサイド物語」(1957年初演)

という時系列となる。オリジナル作詞がベティ・コムデンとアドルフ・グリーン、この名コンビは「オン・ザ・タウン」の作詞も担当、映画の仕事では「踊る大紐育」「雨に唄えば」「バンド・ワゴン」等が有名。

まず音楽が素晴らしい。「コンガ!」あり、「スウィング」ジャズあり、そして「調子はずれのラグタイム」なんて抜群に愉しい。バラエティに富む。美しいバラードの旋律はジョージ・ガーシュウィンのそれを彷彿とさせる。

安蘭けいがコメディエンヌとして、そしてエンターティナーとして魅力を発散。彼女のスウィング感は見事。大和田美帆もコケティッシュでいい。実にチャーミング。別所哲也は誠実な演技。 

美術セットが些か地味で、オギーこと荻田浩一の演出にもう少し「洗練」とスマートさが欲しかったが、カンパニーの実力はその欠点を補って余りあるものだった。やっぱり生の舞台に勝るものはないね。「作品が呼吸している」のを肌で感じられるんだ。これはお勧め。公演は11月24日(水)まで。

|
|

« 月亭遊方/とくとくレイトショー(11/15) | トップページ | 森 麻季 ソプラノリサイタル(11/17) »

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50067556

この記事へのトラックバック一覧です: レナード・バーンスタイン/ミュージカル「ワンダフルタウン」 :

« 月亭遊方/とくとくレイトショー(11/15) | トップページ | 森 麻季 ソプラノリサイタル(11/17) »