« カルミニョーラ&ヴェニス・バロック・オーケストラの「四季」 | トップページ | さあ、カイシで~す!! in 繁昌亭 ~オール新作落語の会~ »

2010年11月29日 (月)

宗助ひとり会/亀屋寄席(11/28)

大阪・高槻市にある割烹旅館「亀屋」へ。

20101128135507

  • 笑福亭呂竹/寄合酒
  • 桂   宗助/不動坊
  • 桂    宗助/蔵丁稚

呂竹さんは開口一番「落語会の市川海老蔵です」と。タイムリーなネタだけに大うけ。

不動坊」は風呂屋での妄想の場面が、なんとも愉しい。

芝居噺「蔵丁稚」のマクラで宗助さんは、歌舞伎における様々な”泣く型”を披露。これが見応えがあり、圧巻だった。また本編では丁稚さんの可愛らしさに参った。

上方落語において「丁稚を演じさせたら右に出るものなし」と言われているのが桂雀々さん。雀々さんが描くのは、鼻水垂らしたアホそうな丁稚。一方、宗助さんが描く丁稚はもっと賢く、愛くるしい。精一杯生きているのだけれど、そこは子供。ついた嘘を直ちに大人たちに見抜かれてしまう。そんな印象を受けた。どちらも魅力的で、僕は好きだなぁ。

|
|

« カルミニョーラ&ヴェニス・バロック・オーケストラの「四季」 | トップページ | さあ、カイシで~す!! in 繁昌亭 ~オール新作落語の会~ »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/50161880

この記事へのトラックバック一覧です: 宗助ひとり会/亀屋寄席(11/28):

« カルミニョーラ&ヴェニス・バロック・オーケストラの「四季」 | トップページ | さあ、カイシで~す!! in 繁昌亭 ~オール新作落語の会~ »