« 繁昌亭夜席 大阪市民寄席~天王寺特集~ | トップページ | 笑福亭たま/緊急落語会(11/6)、 寒空はだか IN セキララ落語会(11/7) »

2010年11月 8日 (月)

大阪市音楽団 第101回定期演奏会

ザ・シンフォニーホールへ。

20101102182826

プロの吹奏楽団、大阪市音楽団の定期演奏会。

今回は“吹奏楽の可能性”と題され、指揮・ピアノに渡邊一正さんを迎えた。

  • フィリップ・スパーク/シンフォニエッタ 第4番(吹奏楽版世界初演
  • リロイ・アンダソン(作)イェルク・ムルシェインスキー(編)/ピアノ協奏曲
  • キャスリン・サルフェルダー/カテドラル
  • ジュリー・ジロー/ポセイドン世界初演
  • アルフレッド・リード/オセロ

イギリスの作曲家スパークって「オリエント急行」(1996)を書いた頃よりも「宇宙の音楽」(2005)とか、このシンフォニエッタ 第4番など、近年の作品の方がより洗練されているなと想った。第3楽章はマンボのリズムでバーンスタイン作曲「ウエストサイド物語」を想い出した。

「トランペット吹きの休日」「シンコペイテッド・クロック」「ブルー・タンゴ」「そりすべり」など沢山の作品をボストン・ポップスのために書いたルロイ・アンダーソンはとても美しくロマンティックなピアノ・コンチェルトを残した。優しい気持ちになれる曲。JAZZのイディオムが取り入れられ、ガーシュウィン「ラプソディー・イン・ブルー」を彷彿とさせる箇所も多々ある。この滅多に演奏されない逸品を聴けるとは何とも贅沢。吹奏楽(用に編曲された)伴奏によるピアノ協奏曲というのも悪くない。渡邊さんはピアノの上に置かれたスコア(総譜)を自分で捲りながらの弾き振りで、見ているだけで手に汗握るパフォーマンスだった。

続くサルフェルダージローはどちらも珍しい女性作曲家。「カテドラル」はルネサンス様式の音楽を吹奏楽の語法に変換し、ミニマル・ミュージックのフレイバーをかけたたものでとてもユニーク。「ポセイドン」はギリシャの神ポセイドンを描写した音楽的肖像画。

そして泣く子も黙る吹奏楽の古典的名曲「オセロ」が登場。第1楽章「前奏曲」で聴衆に強烈なパンチを見舞い、第2楽章「朝の音楽」は一転して爽やか。第3楽章「オセロとデズデモナ」は濃厚なロマンが漂う。第4楽章「廷臣たちの入場」は勇壮なファンファーレで第5楽章「デズデモナの死、終曲」は悲痛な慟哭の音楽。

渡邊さんの指揮ぶりはとてもスマートで、余すところなく吹奏楽の魅力を描いた。

アンコールは

  • ジョゼフ・コスマ(作)リード(編)/枯葉
  • デイヴ・ブルーベック(作)S.シュワルギン(編)/トルコ風ブルーロンド

リードがアレンジした「枯葉」は暗い音色で始まり、最初はあたかも「オセロ」の続きを聴いているかのようであった(一瞬、「えっ、これはもしや組曲でカットされた『オセロ』の未発表曲?」と想った)。この配置がニクイね!

|
|

« 繁昌亭夜席 大阪市民寄席~天王寺特集~ | トップページ | 笑福亭たま/緊急落語会(11/6)、 寒空はだか IN セキララ落語会(11/7) »

吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49932978

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市音楽団 第101回定期演奏会:

« 繁昌亭夜席 大阪市民寄席~天王寺特集~ | トップページ | 笑福亭たま/緊急落語会(11/6)、 寒空はだか IN セキララ落語会(11/7) »