« 東野圭吾(著)「新参者」 | トップページ | インターネットの発達とコミュニケーション・ツール、そして映画のことなど »

2010年10月 8日 (金)

児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー 第2番

ザ・シンフォニーホールへ。

20101007173354

児玉宏/大阪交響楽団の演奏で、

  • モーツァルト/ピアノ協奏曲 第17番
  • ブルックナー/交響曲 第2番

ピアノ独奏は石井克典さん。

モーツァルトは歯切れ良く、軽やかな演奏。かといって古楽器によるピリオド・アプローチのように攻撃的ではなく、音はまろやかで潤っている。耳に心地よい。

ブルックナーは児玉さんの十八番。悪かろう筈がない。引き締まった音で緊張感は最後まで持続され、ハーモニーの解像度はクリア。歌うべきところはしっかりと歌い、第2楽章は透明感ある祈りに満ちた清浄な響きがした。第1、第4楽章は速めのテンポで推進力に溢れ、覇気がある。そしてここぞ!という場面で金管が咆哮し、重厚なサウンドがズシリと腹にくる。

児玉さんのタクトは快刀乱麻で、正に”指揮台の魔術師”の面目躍如。鮮烈でスカッとする演奏会だった。

|
|

« 東野圭吾(著)「新参者」 | トップページ | インターネットの発達とコミュニケーション・ツール、そして映画のことなど »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49680310

この記事へのトラックバック一覧です: 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー 第2番:

« 東野圭吾(著)「新参者」 | トップページ | インターネットの発達とコミュニケーション・ツール、そして映画のことなど »