« ヴィーラント・クイケン&レ・ヴォワ・ユメーヌ@兵庫芸文 | トップページ | 水の戯れ~オリバー・ナッセン/大フィル×ピーター・ゼルキン »

2010年10月14日 (木)

吉坊の会@山本能楽堂

10月11日(祝)、山本能楽堂へ。

吉坊さんの会。昼夜二回公演で、僕が聴いたのは夜の部。ほぼ満席。

K03

ここの能舞台は初めてだったが、音響の素晴らしさにびっくりした。マイクなしでも声が全体によく通る。

Ki01

  • 桂ちょうば/ぜんざい公社
  • 桂 吉坊/おごろもち盗人
  • 桂 吉坊/祝いの壺
  • 暁 照夫/浪曲三味線
  • 桂 吉坊/身替り団七(小佐田定雄 作)

ちょうばさんは徳徳亭 毎日寄席に出演した時、客が一人しかいなかったことをマクラに。お互い目のやり場に困るだろうなぁ。

祝いの壷」は米朝さんの音源があるが、殆ど演じられないネタ。貴重な体験。

身替り団七」は吉坊さんの師匠・吉朝が一度だけ演じたネタ(お客がお題の名付け親になる会)。歌舞伎「夏祭浪花鑑」を題材にした芝居噺。現在でこれを高座に掛けるのは吉坊さんただひとり。途中、ハメモノ(お囃子)がふんだんに入るので賑やかでいい。やっぱり吉朝一門の十八番といえば芝居噺だしね。

今回、出色だったのは「おごろもち盗人」。吉坊さんのしなやかな指、滑らかで音楽的な腕の動きに魅了された。

|
|

« ヴィーラント・クイケン&レ・ヴォワ・ユメーヌ@兵庫芸文 | トップページ | 水の戯れ~オリバー・ナッセン/大フィル×ピーター・ゼルキン »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49717194

この記事へのトラックバック一覧です: 吉坊の会@山本能楽堂:

« ヴィーラント・クイケン&レ・ヴォワ・ユメーヌ@兵庫芸文 | トップページ | 水の戯れ~オリバー・ナッセン/大フィル×ピーター・ゼルキン »