« 大植英次 プロデュース/大阪クラシック2010 開幕! | トップページ | 大阪クラシック 2010 《3日目》大植英次/大フィルの燃え上がるベートーヴェン! »

第20回彦八まつり/落語家バンドステージ

彦八まつりは、大阪落語の始祖・米沢彦八が活躍した生國魂神社の境内に年に一度、上方の落語家が一堂に会し、一般の人々と交流を深める場である。

その彦八まつりで噺家バンドのステージを観た。

元祖お囃子カントリー「ぐんきち」

H01

寄席囃子とカントリーを融合させた曲。桂しん吉さんが笛とヴォーカルを担当。「生まれ変わったら阪急電車になりたい」という”鉄ちゃん”のしん吉さん。鉄道ソングをいくつか披露。

桂雀三郎 with まんぷくブラザーズ

H02

「やぐら行進曲」「二人のやぐら」「ヨーデル食べ放題」「江戸の人気者」などが演奏された。僕は雀三郎さんの落語をあまり面白いとは思わないが、歌手としては抜群。曲がいいし、何たって歌詞が可笑しい。またライヴを聴きたい。

ヒロポンズ・ハイ 

H03

上方の噺家だけで構成されたロック・バンド。メンバーは笑福亭福笑(ヴォーカル)、笑福亭岐代松(ドラム)、桂あやめ(アコーディオンとボーカル)、月亭遊方(ギター)、林家染雀(キーボード)、桂福矢(ギター)、林家市楼(ベース)。還暦を過ぎた福笑さん、ノリノリ。若い!

最後は桂文福とワ!!つれもていこら~ズが登場した。

H04

噺家さんの余芸を愉しんだ夜だった。

   

|
|

« 大植英次 プロデュース/大阪クラシック2010 開幕! | トップページ | 大阪クラシック 2010 《3日目》大植英次/大フィルの燃え上がるベートーヴェン! »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

落語家さんの演奏がこれだけ為される中、九雀さんのクラリネットが聞けないなんて。
どのバンドでも良いのでスカウトしてほしい。

投稿: おたべ | 2010年9月11日 (土) 00時33分

おたべさん、コメントありがとうございます。

お気持ちは分かりますが、九雀さんには奈良の吹奏楽団セントシンディアンサンブルという仲間たちがいますからね……。

そうだ!シンディのメンバー何人かと彦八まつりに出演されても良いのでは?でもヴォーカルがないといけないのかなぁ。

投稿: 雅哉 | 2010年9月11日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49377335

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回彦八まつり/落語家バンドステージ:

« 大植英次 プロデュース/大阪クラシック2010 開幕! | トップページ | 大阪クラシック 2010 《3日目》大植英次/大フィルの燃え上がるベートーヴェン! »