« 桂文我「柿ノ木金助」(其の二)/繁昌亭四周年特別公演 | トップページ | ヴィンシャーマン/大フィルの古色蒼然たるバッハ »

第1回 桂文珍 新根多御披露目の会/立川談春 独演会@兵庫芸文

9月18日(土)、トリイホールへ。

R01_2

  • 桂文珍/最近思うこと〜終の棲家(あこがれの養老院)
  • 桂楽珍/弁天うどん
  • 桂文珍/代書屋

文珍さんは今年5月にトリイホールに出演し、客席が近い親密な空気が気に入られたそう。ここなら細かいニュアンスが伝わるし、いろいろな試み、捻ったことが出来るだろうと。

最近思うこと」では大阪ミナミの変貌をエッセイ風に語りながら途中、普天間基地移設問題に揺れた徳之島(楽珍さんの故郷)のことや、民主党代表選のことなど得意の時事問題へと縦横無尽に脱線し、愉しませてくれた。そして自然な流れで老いをテーマにした自作「終の棲家(あこがれの養老院)」へ。

楽珍さんは繁昌亭の独演会でネタおろしする予定だった自作「弁天うどん」。まだまだ未完成。

そして再び文珍さん登場。4日前に(三代目)桂春團治師匠に稽古をつけて貰ったという「代書屋」。依頼人のすっ呆けた味がなんとも可笑しい。また、御年80歳の春團治さんが稽古場で61歳の文珍さんと一対一で向き合って、照れながら演じてくれた様子を活写され、このエピソードも興味深く傾聴した。

翌日は立川談春 独演会@兵庫県立芸術文化センターへ。

R02

R03

  • 厩火事
  • 居残り佐平次

前座もなく、それぞれのネタを1時間ずつたっぷりと。

談春というひとは、「物語る力」を持った噺家であると改めて痛感させられた。

特に以前「文七元結」を聴いた時に、彼の高座から「生きろ!」という力強いメッセージが伝わってきた。そういうパワーを再び貰った、ひと時であった。

|
|

« 桂文我「柿ノ木金助」(其の二)/繁昌亭四周年特別公演 | トップページ | ヴィンシャーマン/大フィルの古色蒼然たるバッハ »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49493390

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 桂文珍 新根多御披露目の会/立川談春 独演会@兵庫芸文:

« 桂文我「柿ノ木金助」(其の二)/繁昌亭四周年特別公演 | トップページ | ヴィンシャーマン/大フィルの古色蒼然たるバッハ »