« ヴィンシャーマン/大フィルの古色蒼然たるバッハ | トップページ | あやめ 遊方 2人会 ~今宵、カキイロの月の下で~ /玉造・猫間川寄席 »

井上道義/オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期

ザ・シンフォニーホールへ。

Inoue

井上道義/オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏で、

  • メンデルスゾーン/弦楽のための交響曲 第10番
  • ラヴェル/ピアノ協奏曲
  • 武満徹/3つの映画音楽
     訓練と休憩の音楽~「ホゼ・トーレス」より
     葬送の音楽~「黒い雨」より
     ワルツ~「他人の顔」より
  • モーツァルト/交響曲 第39番

1曲目と3曲目が弦楽合奏のみ。メンデルスゾーンは14歳の作品で、序奏付きの単一楽章。短調で美しい楽想。上昇音階がモーツァルトを彷彿とさせる。瑞々しい演奏だった。

ラヴェルのピアノ独奏は菊池洋子さん。軽やかなタッチで曖昧さは皆無、一音一音が立っている。

ラヴェルの母親はバスク人であった。バスク地方とはフランスとスペインの国境付近を指し、ラヴェル自身もスペイン国境に近いシブール村に生まれている。だから彼の作品はスペイン音楽への憧れが強く、その特徴はこのコンチェルトの第1楽章にも如実に表れている。

また1920年代後半にガーシュウィンとの出会いがあり、JAZZの洗礼を受けたことも見逃せない。ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」初演が1924年であり、ラヴェルのピアノ協奏曲は1931年に完成している。その歴史的背景を踏まえれば、第1楽章がスペイン音楽とJAZZの融合であることが理解できるだろう。「のだめカンタービレ」にも登場する、まことに愉しい音楽である。また、第3楽章には「ゴジラ」のテーマ(伊福部昭 作曲)とそっくりのフレーズが出てくるのも面白い。

武満の「ホゼ・トーレス」はJAZZの手法が用いられ、「他人の顔」ワルツはシャンソンなので、ラヴェルとの関連性があって巧みなプログラム構成。「他人の顔」は糸が絡みつくような粘っこい解釈で、まるで大植英次/大フィルのマーラー5番を聴いているみたいな既視感(デジャヴ)があった。

モーツァルトはバロック・ティンパニを使用(元・読売日本交響楽団の菅原 淳さんが担当)、弦は対向配置でヴィブラートを抑制したピリオド・アプローチ。速めのテンポで句読点がくっきりし、颯爽とした生気溢れる演奏。

アンコールは、

  • グリュンフェルト/オペレッタ「こうもり」によるパラフレーズ(菊池)
  • モーツァルト/行進曲 ニ長調 K.215(井上/OEK)
  • 鈴木行一(編曲)「六甲おろし」(井上/OEK)

六甲おろしの編曲が凝っていた。客席も手拍子でノリノリ。実に愉快なコンサートだった。

 関連記事:

|
|

« ヴィンシャーマン/大フィルの古色蒼然たるバッハ | トップページ | あやめ 遊方 2人会 ~今宵、カキイロの月の下で~ /玉造・猫間川寄席 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49540304

この記事へのトラックバック一覧です: 井上道義/オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期:

« ヴィンシャーマン/大フィルの古色蒼然たるバッハ | トップページ | あやめ 遊方 2人会 ~今宵、カキイロの月の下で~ /玉造・猫間川寄席 »