« 夏夜の怪談@繁昌亭(8/4) | トップページ | 笹本玲奈 復帰!/ブロードウェイ・ミュージカル「ピーターパン」 »

桂ざこば、大いに語る/動楽亭昼席(8/5)

ざこばさんの弟子、桂都丸さんの「塩鯛」襲名を翌日に控えた昼下がり、ざこばさんが席亭を務める動楽亭へ。

D01

  • 米市/子ほめ
  • 吉坊/千早ふる
  • 紅雀/打飼盗人
  • ざこば/ざっこばらん
  • 団朝/近日息子
  • 米團治/青菜

ざこばさんは落語抜きで、とても興味深いことを語られた。

米朝師匠から「現在、上方の噺家は何人くらいになったんや?」と訊かれ、「大体230~250人くらいです」と答えたら「多すぎるな」と。以前、立川談志さんと話した時、「弟子をどんどん取って、落語家を増やしたらいい。その中から才能のある奴が必ず出てくる」と言われ、「でもアカンのはどうしたらええんですか?」と問うと、あっさり「辞めさせたらいい」と。

そして米朝師匠から「不動坊」の稽古を受けたエピソードへ。中々覚えられなかったざこばさん、でもその横で聴いていた枝雀さんは物覚えがよく、ざこばさんより先に高座に掛けてしまったとか。「僕が教わっとったんや!汚いでしょ?枝雀兄ちゃんは『まるく、まぁ~るく』なんて言っとるけど、実際は尖がっとんや!」に場内大爆笑。

落語家は弟子を取ってもお金は一切取らず、3年間自宅に住まわせてやったり(内弟子修行)、食事をおごったり、出費ばかりかさむ。「ネタを教えたら、弟子のためにそのネタを高座に掛けるわけにはいかないので、また新しいのを仕入れなければならんのです。損するばかりです。でも、うちの師匠なんか孫弟子を含めると50人以上も面倒を見たんです」

そして最後に「甲斐性がないと、弟子は取れんのです」

ところで、米朝事務所HPの一門系図から桂吉弥さんの二番弟子・弥生さんの名前が消えている。何かあったのだろうか?

D02

|

« 夏夜の怪談@繁昌亭(8/4) | トップページ | 笹本玲奈 復帰!/ブロードウェイ・ミュージカル「ピーターパン」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/49069945

この記事へのトラックバック一覧です: 桂ざこば、大いに語る/動楽亭昼席(8/5):

« 夏夜の怪談@繁昌亭(8/4) | トップページ | 笹本玲奈 復帰!/ブロードウェイ・ミュージカル「ピーターパン」 »