« 動楽亭昼席(7/8) | トップページ | 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅、今度は高輪台登場 »

月亭遊方のカジュアル古典(7/12)

JR福島駅から歩いて八聖亭(月亭八方さんの寄席小屋)へ。

20100712184507

客の入りは19人くらい。ワッハ上方(なんば)か動楽亭なら、もっと入ったのでは?いい会なのに勿体ない。

  • 月亭遊方/随想・らくごの○○
  • 桂かい枝/堪忍袋
  • 月亭遊方/看板の一
  • 対談(遊方・かい枝)
  • 月亭遊方/猫と金魚

20100712185851

随想・らくごの〇〇」のテーマは今回、「落語の企画」だった。落語家同士が仲がいいというだけの安易は発想の「二人会」よりも、これからは《落語の見せ方》を考えないといけない。小佐田定雄さんみたいな落語作家はいらっしゃるが、《落語プロデューサー》が関西にはいない。Soft(噺家)だけではなく、Hard(企画)の充実をといったお話だった。

かい枝さんは、兄弟子・きん枝が出馬した参議院議員選挙応援で選挙カーに乗ったり、黒門市場を練り歩いたりしたエピソードを面白おかしく。前日は朝四時まで選挙事務所に詰めていたそうで「選挙速報のチャンネルを切り替えて、W杯決勝を見たい誘惑にかられました」と。寝てないそうでカミカミの「堪忍袋」だったが、それはそれで微笑ましかった。

遊方さんの「看板の一」は勢いがあって、飛び跳ねるような高座。彼の古典も愉しいのだが、一般には新作派としてしか認知されていないのが口惜しい。

猫と金魚」は江戸の噺。「談志 最後の落語論」にも書かれていたが、ナンセンスなギャグが秀逸。赤塚不二夫的とも言える。

遊方さんの「猫と金魚」は7/15(木)21時20分、なんば上方ビルの徳家で開催される「とくとくレイトショー」でも披露される予定だそう。

20100712184646

|

« 動楽亭昼席(7/8) | トップページ | 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅、今度は高輪台登場 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/48865616

この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方のカジュアル古典(7/12):

« 動楽亭昼席(7/8) | トップページ | 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅、今度は高輪台登場 »