« 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅に、”神”降臨 | トップページ | 繁昌亭爆笑賞受賞者の会 »

アッコルドーネ/ナポリと南イタリアの歌

兵庫県立芸術文化センターへ。

A01

A02

アッコルドーネはハイ・テナーのマルコ・ビーズリーと、チェンバロ&オルガン奏者のグイード・モリーニらが創立したイタリアの古楽グループ。内容によって編成が変わるが、今回は歌、チェンバロ&オルガン、バロック・ギター、テオルボ、リュート、フレーム・ドラムという6人による演奏だった。

18世紀のナポリを中心に南イタリア農民の「生きた伝承曲」だけで構成されたプログラム。ほとんどの歌曲が作者不詳である。

  • 単声のストルネッロ~ブーリア地方の伝承歌詞より
  • 高らかに響け(イスキテッラ)~ブーリア地方の伝承舞踊
  • いのちなくして(歌詞:フランチェスコ・スピネッロ、15世紀)
  • バラの小道~バジリカータ地方の伝承歌謡
  • カタランタ(フレーム・ドラムによる即興演奏)
  • モンテヴェルジネに捧げる歌
    ~ナポリに伝わる儀式のタンムルリアータ

    ー休憩ー

  • ~アプーリア地方の伝承歌謡
  • この胸はチェンバロになった~アプーリア地方の伝承歌謡
  • タランテッラ第1、2、3番~ナポリの伝承歌謡の断片をもとに再構成した
  • オリーヴの小枝~アプーリア地方の伝承歌謡
  • カルピーノ娘~プーリア地方の伝承歌謡
  • 高らかに打ち鳴らせ
    ~カラーブリア地方に伝わるルッフォ枢機卿の軍隊の歌
  • 馬車引きの歌~カラーブリア地方の伝承歌謡

A03

ビーズリーの高く、澄んだ歌声。テオルボやリュートの味わい深い古(いにしえ)の響き。全てが絶品であり、じっくりと聴き入りながら遠い過去へと思いを馳せた。

特にマウロ・デュランテによるフレーム・ドラムのソロが素晴らしかった。多彩な音がして、まるでドラム・セットを叩いているかのようであった。

A04

|
|

« 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅に、”神”降臨 | トップページ | 繁昌亭爆笑賞受賞者の会 »

古楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/48559198

この記事へのトラックバック一覧です: アッコルドーネ/ナポリと南イタリアの歌:

« 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅に、”神”降臨 | トップページ | 繁昌亭爆笑賞受賞者の会 »