« 忘れられた作曲家”タニェエフ”~児玉宏/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 二日間、柳家喬太郎三昧+サントリー山崎蒸留所(2010年6月) »

桂雀々/秘密倶楽部「五十歳五十ヶ所地獄巡り」

大阪市、南船場にあるYOSHUホールへ。

H01

謎めいた秘密の匂い。このサロンは元々、クラシック・コンサート(室内楽)を楽しむためのものらしい。マンスリーで開催されていると聞く。

米朝事務所や雀々さんのHPに記載された電話番号に何度掛けても誰も出ない。どうやらファックスしかなく、電話が置いてないらしい。恐るべし、YOSHUホール。定員60名のところ、予約が殺到し100名ギュウギュウ詰めに。熱気が漲る。

H02

ロビーでは雀々さんの二番弟子、鈴々さんが本「必死のパッチ」やDVDなど、雀々グッズを売っていた。彼女の口上を聴きながら、落語「蝦蟇(がま)の油」を想い出した。こうした経験も、しっかり落語の稽古に繋がっているんだなぁ。

H03

上の写真右の名ビラ(めくり)、よくよく見れば譜面台に貼り付けてある!手作り感いっぱいの高座。全国五十ヶ所巡り、ここが七番目だそう。最終目的地は来年八月、東京とのこと。

雀々さんの「地獄八景亡者戯」、最高!長講90分、休憩なし。汗を流しながら「一生懸命のお喋り」。畳み掛けるリズム感が心地よい。「耳あて」を使った瞬間芸の連続技がユニークで、腹を抱えて笑った。

落語の後はドリンク・サービス(ビール、ジュース)と軽食あり。なかなか"at home"な会だった。

|
|

« 忘れられた作曲家”タニェエフ”~児玉宏/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 二日間、柳家喬太郎三昧+サントリー山崎蒸留所(2010年6月) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/48655921

この記事へのトラックバック一覧です: 桂雀々/秘密倶楽部「五十歳五十ヶ所地獄巡り」:

« 忘れられた作曲家”タニェエフ”~児玉宏/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 二日間、柳家喬太郎三昧+サントリー山崎蒸留所(2010年6月) »