« ブロードウェイの衰退/トニー賞授賞式2010 | トップページ | 京大 VS 阪大 対決落語会(6/30) »

2010年6月30日 (水)

2010年上半期映画ベスト20

早いもので2010年も前半戦が終了した。そこで今年、劇場公開された新作で僕のお気に入りを列挙してみよう。それぞれタイトルをクリックすれば、映画のレビューに飛ぶ。

  1. 告白
  2. ハート・ロッカー
  3. おとうと
  4. (500)日のサマー
  5. 第9地区
  6. シャネル&ストラヴィンスキー
  7. クレイジー・ハート
  8. プレシャス
  9. のだめカンタービレ 最終楽章(後編)
  10. パレード
  11. 17歳の肖像
  12. マイレージ、マイライフ
  13. フローズン・リバー
  14. インビクタス/負けざる者たち
  15. プリンセスと魔法のキス
  16. ラブリーボーン
  17. ゴールンデンスランバー
  18. NINE
  19. アリス・イン・ワンダーランド
  20. クロッシング

10年に1本の傑作「告白」はダントツの1位。さて、果たして来年の米アカデミー外国語映画賞部門の日本代表になれるか!?

役者で印象に残ったのはやはりアカデミー主演男優賞を受賞した「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジス。「おとうと」の笑福亭鶴瓶も良かった。特に泥酔して蒼井優の結婚式を滅茶苦茶にする場面は最高。新人賞は「告白」の橋本愛で決まり。それから「のだめカンタービレ」の上野樹里が演奏するシーンに対しても、惜しみない拍手を送りたい。ブラボー!

音楽で印象深かったのは「プリンセスと魔法のキス」、歌はミュージカル「NINE」の映画のために書かれた新曲”シネマ・イタリアーノ”

それから上のリストに「川の底からこんにちは」が何故入っていないのか、東京の方は訝しく思われるかも知れない。実は大阪での公開は7月10日からなのです。観たらすぐレビューを書きますので、しばしのお待ちを。

|
|

« ブロードウェイの衰退/トニー賞授賞式2010 | トップページ | 京大 VS 阪大 対決落語会(6/30) »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/48755681

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年上半期映画ベスト20:

« ブロードウェイの衰退/トニー賞授賞式2010 | トップページ | 京大 VS 阪大 対決落語会(6/30) »