« 「ちりとてちん」と「篤姫」の再放送! | トップページ | 大阪桐蔭、淀工、市音 IN スプリング・コンサート2010 »

2010年4月 3日 (土)

福笑と異常な仲間たち ~アブノーマル人物伝~

繁昌亭へ。

20100401211303

  • 笑福亭たま/くっしゃみ講釈
  • 笑福亭福笑/刻うどん
  • 加川良/唄
  • 笑福亭福笑/宗教ウォーズ (福笑 作)

20100401181928

一時期、喉の調子が悪かったたまさんだが、現在は絶好調の様子。以前聴いた「くっしゃみ」より、一段と工夫が凝らされ面白かった。

福笑さんの「刻うどん」は抱腹絶倒の爆笑高座。先にサゲ(落ち)を言ってしまうところに、自信の程が伺える。

また、フォークシンガーの加川良さんを「アブノーマル」と表現するのは、何とも非凡なセンスである。

大阪市・帝塚山近くにあった「姫松園(ひめまつえん)」という伝説のアパートで加川さんと福笑さんは知り合ったそう(帝塚山には福笑さんの師匠・松鶴の家があった)。 加川さんには「姫松園」という歌もあるらしい。また同時期に、音楽プロデューサー福岡風太氏もここに住んでいたとか。さらに戦前に遡ると「夫婦善哉」の作家・織田作之助が暮らしていたこともあるという。フォーク・ソングで1970年代にタイムスリップ。なんだか、「絶滅危惧種を見た!」というような、不思議な感覚に陥った。

トリは新作落語。神社とお寺の宗教戦争を描く。福笑さんらしく過激で、《落語の狂気》が詰まった一席。本当に希少な噺家である。

|
|

« 「ちりとてちん」と「篤姫」の再放送! | トップページ | 大阪桐蔭、淀工、市音 IN スプリング・コンサート2010 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47973339

この記事へのトラックバック一覧です: 福笑と異常な仲間たち ~アブノーマル人物伝~:

« 「ちりとてちん」と「篤姫」の再放送! | トップページ | 大阪桐蔭、淀工、市音 IN スプリング・コンサート2010 »