« 映画「プリンセスと魔法のキス」/そして、ディズニー・アニメ現代史 | トップページ | 今度はグラズノフ!児玉宏/大阪シンフォニカー 定期 »

2010年3月16日 (火)

月亭遊方/とくとくレイトショー

なんばの徳家・徳徳亭へ。

21時開演、月亭遊方さんの会(第一回目)。客の入りは12人くらい。

同じ場所で19時から桂米左さんの落語会があり、しかも「宿屋仇」「百年目」という大ネタ2席だったので、時間が押して予定時刻を過ぎての開始となった。

Y01

  • ちりとてちん
  • オオサカ・シネマロケンロール(遊方 作)

地方に行き、講演の後で「先生!」などと呼ばれながら、お酒を勧められたときの爆笑エピソードなどをマクラに(遊方さんは下戸で、甘いものが好きなのだそう)。「ちりとてちん」は七転八倒、汗をかきながらの大熱演。聴き応え、見応えあり。

オオサカ・シネマロケンロール」を聴くのはこれで3回目。しかし、映画のロケを見学する野次馬が《冷凍のサバ》を繰り返し叫ぶくすぐり(ギャグ)は以前なかった。どんどん工夫が加えられ、さらに面白くなっている。さすが笑いに貪欲な遊方さんだ。

よく見かける常連客が多く、遊方さんも最初はやりにくそうだったが、次第にノッてきた。終わってみれば22時10分。あっという間の濃縮された1時間。このご機嫌な会は今後も、毎月15日に徳徳亭で開催される予定。また古典+新作の組み合わせで聴きたいな。

|
|

« 映画「プリンセスと魔法のキス」/そして、ディズニー・アニメ現代史 | トップページ | 今度はグラズノフ!児玉宏/大阪シンフォニカー 定期 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47823237

この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方/とくとくレイトショー:

« 映画「プリンセスと魔法のキス」/そして、ディズニー・アニメ現代史 | トップページ | 今度はグラズノフ!児玉宏/大阪シンフォニカー 定期 »