« 仲道郁代/ショパン 鍵盤のミステリー 第2回「鍵盤の白と黒」 | トップページ | できちゃったらくご!(3/8) »

文太の会@高津の富亭(3/7)

日曜日、落語「崇徳院」の舞台となった高津神社へ。

20100307130025

  • 桂   文太/厩火事
  • 桂   文太/崇徳院
  • 林家染左/隣の桜(別名「鼻ねじ」)
  • 桂  文太/鰻の幇間(贋作)

20100307131529

鰻の幇間(たいこ)」は主に江戸の噺家が演るネタ。太鼓持ち(男芸者)の哀感が漂う。決して後味の良い噺ではないが、文太さんはあくまで飄々と、軽やかに演じられた。人間の業を感じさせる、味わい深い一席であった。名人芸を堪能。

|

« 仲道郁代/ショパン 鍵盤のミステリー 第2回「鍵盤の白と黒」 | トップページ | できちゃったらくご!(3/8) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47756129

この記事へのトラックバック一覧です: 文太の会@高津の富亭(3/7):

« 仲道郁代/ショパン 鍵盤のミステリー 第2回「鍵盤の白と黒」 | トップページ | できちゃったらくご!(3/8) »