« おもろい夫婦 | トップページ | 育っちゃったらくご!/バレンタイン・愛のネタ特集 »

2010年2月15日 (月)

桂吉弥、南光/じょいふる落語会

2月13日(土)、堺市民会館・小ホールへ。

じょいふる落語会は元々、桂吉弥さんの師匠・吉朝が世話人を務めていたもの。吉朝の死後、雀松さんが引き継いで現在に至る。吉弥さんによると、通常は堺市にあるジョイフル1という狭い会場で開催され、出囃子もテープなのだそう。今回は”新春特別編”ということで堺市民会館小ホールに場所を移し、生の三味線付きという豪華版。木戸銭3,500円也。

なお、吉朝は堺市出身で、その最後の弟子・吉の丞さんも堺市で生まれ育ったそう。

  • 吉の丞/動物園
  • 雀松/星野屋
  • 南光/住吉駕籠
  • 吉弥/ふぐ鍋
  • 雀松/天神山

南光さんはタクシーの運転手と交わす会話をマクラに。「結局、あの人たちは自分がいかにして現在の職業に至ったか、身の上話を語りたがるんです。そんなん私にとっちゃ、どっちゃでもええことで、かなわんのです」成る程、これにはうん、うんと頷けた。そして自然な流れでネタへ。駕籠かきが酔っ払いに絡まれる下りまで。上手い。

吉弥さんの「ふぐ鍋」を聴くのはこれが2回目。以前より進化し、さらに面白くなっていた。清酒「犬乃盛(いぬのさかり)」を飲む下りでは、美味しそうに瞬きし、口笛をヒュ~と鳴らす工夫が愉しい。「いち、にぃの、さん!」で、てっちりを口に放り込む場面では、声のトーン(ピッチ)を次第に上げ、登場人物の緊張感を高める手法がお見事!やっぱり、たいしたひとである。持ち前の明るさで、パッと華やかな一席であった。

|
|

« おもろい夫婦 | トップページ | 育っちゃったらくご!/バレンタイン・愛のネタ特集 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47561916

この記事へのトラックバック一覧です: 桂吉弥、南光/じょいふる落語会:

« おもろい夫婦 | トップページ | 育っちゃったらくご!/バレンタイン・愛のネタ特集 »