« 「鼻の狂歌」八方会@八聖亭(2/26) | トップページ | get's 待っツ 動楽亭(2/28) »

2010年2月28日 (日)

映画「インビクタス/負けざる者たち」と冬季オリンピック

評価:B

Invictus

アカデミー賞ではモーガン・フリーマンが主演男優賞、マット・デイモンが助演男優賞にノミネートされている。映画公式サイトはこちら

南アフリカ共和国初の黒人大統領ネルソン・マンデラと、ラグビーの南ア代表チーム「スプリングボクス」主将・ピナールとの友情を描く娯楽映画である。クリント・イーストウッド監督はリラックスして、いい仕事をした。

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、物語の展開にはびっくりさせられる。フィクションならば「こんなご都合主義、現実にはあり得ないよ!」で済まされることが実際に起こったのだ。最後の試合の場面は正に血湧き肉躍る大迫力(スローモーションが効果的に使用されている)。誰しも興奮せざるを得ないだろう。

この映画を観れば、ワールドカップとかオリンピックというものは《国家戦略》であり、スポーツ選手たちは国を背負って戦っているという現実がよく分かる。勝たなければ意味がない。「参加することに意義がある」なんていうのは全くの世迷い言、真っ赤な嘘である。

今年、冬季オリンピックのフィギュアスケート女子、浅田真央選手は本当に素晴らしい演技をした。よく頑張った。しかし日本国民の多くが彼女の銀賞に落胆したのもまた、事実である。誰も言葉には出さないけれど、金 姸兒(キム・ヨナ)選手が金賞だったこと、つまり日本が韓国に負けたことを、認めたくないという気持ちが強かったのではないだろうか?

しかし考えてみれば、極東アジアの2選手がを独占したのである。世界にアジアン・パワーを見せつけたのだ。大局的な目で見れば、これは画期的なことだと僕は想うのだが……。

|
|

« 「鼻の狂歌」八方会@八聖亭(2/26) | トップページ | get's 待っツ 動楽亭(2/28) »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47676319

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「インビクタス/負けざる者たち」と冬季オリンピック:

« 「鼻の狂歌」八方会@八聖亭(2/26) | トップページ | get's 待っツ 動楽亭(2/28) »