« 月亭遊方・笑福亭たま/サムシング寄席 | トップページ | 「鼻の狂歌」八方会@八聖亭(2/26) »

魔法のヴァイオリン III/むかしむかし、イタリアで

千里阪急ホテル・クリスタルチャペルでイタリアの古楽を聴く。

B01

音楽家の面々は、

  • 伊佐治道生(バロック・ヴァイオリン)
  • 佐野健二(ヴィウエラ、アーチリュート、19世紀ギター)
  • 大西万喜(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

B02

伊佐治さんは桐朋学園大学卒業後、デンハーグ王立音楽院(オランダ)などで学び、現在もイタリアで研鑽を積まれている。ナポリが生んだ当代随一の人気テナー歌手マルコ・ビーズリーが率いる古楽アンサンブル「アッコルドーネ」にも参加。

佐野さんは関西を中心に活動するリュート奏者で、アーリーミュージックカンパニーを主催されている。

今回のプログラムは、

  • カステッロ/ソナタ 第6番
  • オルティス/レセルカータ集より
  • マッティス/パッサッジョ-2弦のフーガ-グラウンド
  • モリーノ/ヴァイオリン伴奏付きギターソナタ
  • モリーノ/トリオ 第1番
  • ヴェネツィア民謡より2曲(アンコール)

ヴェネツィアの作曲家・カステッロで使用されたアーチリュートは14コース、27本もの弦が張られた楽器。

続くオルティスはスペイン・ルネサンス期の作曲家で、ナポリ王国の宮廷楽長を務めた。6コースの複弦を持つヴィウエラという撥弦(弦をはじく)楽器が興味深かった。

マッティスはナポリの作曲家。

モリーノのトリオでは、音域の高いヴィオラ・ダ・ガンバ=トレプルが使用され、子供のように小さな楽器で可愛らしかった。

3人とも名手であり、聴き応え十分。楽器もとっかえひっかえで、すこぶる面白かった。アンサンブルの悦楽を堪能。

特に伊佐治さんの優雅で、のびやかな音色に魅了された。バロック・ヴァイオリンの名手といえば、バッハ・コレギウム・ジャパンやオーケストラ・リベラ・クラシカのコンサート・ミストレスを務める若松夏美さん、「ラ・プティット・バンド」のコンサートマスターを務めた寺神戸亮さんらの名前が真っ先に思い浮かぶが、伊佐治さんも彼らに遜色ない実力を持つ、素晴らしいヴァイオリニストであった。

B03

|

« 月亭遊方・笑福亭たま/サムシング寄席 | トップページ | 「鼻の狂歌」八方会@八聖亭(2/26) »

古楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47662471

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法のヴァイオリン III/むかしむかし、イタリアで:

« 月亭遊方・笑福亭たま/サムシング寄席 | トップページ | 「鼻の狂歌」八方会@八聖亭(2/26) »