« フランツ・シュミット、知られざる交響曲/大阪シンフォニカー定期 | トップページ | 映画「ゴールデンスランバー」とビートルズ »

2010年2月12日 (金)

桂よね吉、文太、梅團治/繁昌亭昼席(2/11)

天満天神繁昌亭へ。祝日とあって、立ち見も出る盛況。

20100211123803

  • 桂    そうば/狸賽
  • 桂      三弥/僕たちヒローキッズ(三枝 作)
  • 桂   よね吉/御公家女房
  • 桂      三象/三象踊り
  • 笑福亭仁嬌/八五郎坊主
  • 桂      文太/愛宕山
  • 露の団四郎/百面相
  • 桂      米輔/宿替え
  • 桂    あさ吉/書割盗人
  • 桂    梅團治/花筏

よね吉さんは開口一番、「僕の出演している《繁昌亭らいぶシリーズ》CD・DVDが発売されて、今日がちょうど……二日目なんです」と。これにはよね吉さんが「東西若手落語家コンペティション」でグランドチャンピオンを掻っ攫った勝負ネタ、「七段目」も収録されている→詳細はこちら

やっぱり彼の高座は絶品だった。「御公家女房」は古典落語「延陽伯」を、落語作家の小佐田定雄さんが脚色したもの。よね吉さんは、とにかくその流れるような所作が美しい。滑らかな指先の動きの、なんと艶っぽいことだろう!役者で例えるならミュージカル「ミス・サイゴン」のエンジニア役でトニー賞を受賞したジョナサン・プライスとか、市村正親さんに近い資質を感じる。つまり音楽的なのである。

《上方の秘密兵器》、《テポドン》とも称される三象踊り大月みやこさんの「別れてひとり」をバックに。いやはや愉快、場内大爆笑。

仁嬌さんは余り抑揚のない淡々とした語り口で、さすが師匠の仁鶴さんに似たスタイルだなと想った。

名人・文太さんは飄々として、味のある一席。その軽妙な口調が、聴いていて嬉しくなる。途中、一八が荷物を担いで山登りする場面は本当にしんどそうだった。

春團治師匠のお弟子さんの中で、僕は梅團治さんが一番センスがある噺家だと常々想っている。豪快な語り口が実に魅力的。相撲噺「花筏」は、そういう梅團治さんのニンに合っていた。

|
|

« フランツ・シュミット、知られざる交響曲/大阪シンフォニカー定期 | トップページ | 映画「ゴールデンスランバー」とビートルズ »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47539209

この記事へのトラックバック一覧です: 桂よね吉、文太、梅團治/繁昌亭昼席(2/11):

« フランツ・シュミット、知られざる交響曲/大阪シンフォニカー定期 | トップページ | 映画「ゴールデンスランバー」とビートルズ »