« バッハの遺言/バッハ・オルガン作品連続演奏会 | トップページ | 実況!淀工グリーンコンサート »

2010年1月17日 (日)

炎のコバケン、チャイコフスキーを振る/大阪シンフォニカー 定期

音楽監督・児玉宏さんとのブルックナー文化庁芸術祭「大賞」を受賞し、破竹の勢いの大阪シンフォニカー交響楽団定期演奏会へ。

20100115182703

今回の指揮者は”炎のコバケン”こと、小林研一郎さん。オール・チャイコフスキー・プログラムで、

  • 弦楽のためのセレナード
  • ロココ風の主題による変奏曲
  • 交響曲 第3番「ポーランド」

ロココ風」のチェロ独奏は昨年、第8回 齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞した遠藤真理さん。のびやかで感興に富む、素晴らしい演奏だった。この曲は2007年に古川展生(チェロ)&佐渡裕/兵庫芸術文化センター管弦楽団で聴いているが、凡庸で退屈極まりなかった。あれとは雲泥の差。役者が違うと想った。

弦楽セレナード」とシンフォニーをコバケンは暗譜で振った。「弦楽セレナーデ」序奏は僕が今まで聴いた中で最も遅いテンポ。その粘り腰が実に愉快。フレーズとフレーズの”間”を大切にした、豊かな表情と息遣いを感じさせる演奏だった。大阪シンフォニカーの弦楽セクションも滑らかで潤いのある音色を奏で、聴衆を魅了した。

交響曲 第3番は中間楽章の表現がデリケート。一方、第1楽章と終楽章は力強い推進力で徐々に燃え上がり、最後は完全燃焼を遂げた。ブラボーが飛び交う中、満足顔のコバケンと楽員たちの笑顔が眩しかった。

|
|

« バッハの遺言/バッハ・オルガン作品連続演奏会 | トップページ | 実況!淀工グリーンコンサート »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47308527

この記事へのトラックバック一覧です: 炎のコバケン、チャイコフスキーを振る/大阪シンフォニカー 定期:

« バッハの遺言/バッハ・オルガン作品連続演奏会 | トップページ | 実況!淀工グリーンコンサート »