« 十日戎 そして、桂雀々 噺を聴く会  | トップページ | 第四回繁昌亭大賞受賞記念落語会 »

ちょっと”はんなり”染二です

繁昌亭へ。

20100111174204

第二回繁昌亭大賞を受賞した林家染二さんの会。ゲストは第一回繁昌亭大賞の笑福亭三喬さん。

20100111174109

  • 桂さん都/初天神
  • 林家染二/親子酒
  • 笑福亭三喬/崇徳院
  • 旭堂南湖/赤穂義士伝(講談)
  • 林家染二/宿屋仇

染二さんは神戸文化ホールで開催されている「東西落語名人選」で20年ほど昔に、前座として高座番を務めていた時の想い出を語られた。東京からのゲスト・三遊亭圓楽さんが舞台を終えて着替えられると、高座番はそのお世話をして着物を畳む。すると圓楽さんは「ありがとよ。これで蕎麦でも食いな」と祝儀袋をポイとくれたそう。中にはなんと、一万円札が入っていたとか。何とも粋な話である。

染二さんの二席はいたって普通の出来で、特に書くべきことはない。

驚いたのが三喬さん。以前から「上手い」人だとは分かっていたが、今回初めて「面白い!」と想った。DVDで視聴した桂枝雀さんの高座は別格として、今まで生で聴いたうち最高の「崇徳院」だった。様々な工夫、独自のくすぐりがあり、その按配が絶品。終盤の床屋の場面「精根尽き果て、毛根も抜け果てて」という下りは実に落語的な言い回しで唸った。

なお、三喬版「崇徳院」は現在、DVDで愉しむことが出来る→こちら

|
|

« 十日戎 そして、桂雀々 噺を聴く会  | トップページ | 第四回繁昌亭大賞受賞記念落語会 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47267076

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと”はんなり”染二です:

« 十日戎 そして、桂雀々 噺を聴く会  | トップページ | 第四回繁昌亭大賞受賞記念落語会 »