« 2009年、印象の残ったコンサート&コンクールの名演を振り返る | トップページ | 繁昌亭昼席(12/28) »

2009年12月31日 (木)

雀々、文珍、文三、たま/最近聴いた落語会から

12月26日(土)は「よしもと上方落語をよろしく!DVD発売記念落語会」を聴きに、ヨシモト∞ホールへ。カメラが入り、今回の公演も来年の春頃DVDで発売される予定だそう。

  • 桂   三四郎/道具屋
  • 笑福亭たま/ショート落語+火焔太鼓
  • 桂     文三/時うどん
  • 笑福亭たま/オチを先に言う落語+くっしゃみ講釈
  • 桂      文三/崇徳院

たまさんによると(自信がある)1軍のショート落語は発売されたDVDに収録されたので、今回披露するのは1.5軍だとか。それでも初めて聴くものが多く、爆笑の連続だった。オチを先に言う落語では「(8代目)笑福亭松鶴襲名」ネタが最高に可笑しかった。「火焔太鼓」は独自のくすぐりが満載され、登場人物のエキセントリックさが愉しい。

しかしこの日の白眉は何と言っても文三さんだった。さすがベテランの上手さ、貫禄を見せつけた。もう登場しただけで客席をパーッと笑顔にしてしまうあのオーラは一体、何なんだろう?文三さんは何時も明るく、機嫌良い。しかし恐らくその《機嫌良さ》も芸のうちなのだろう。文三さんが今まで「繁昌亭大賞」の対象になっていないのが、僕には不思議でならない。

12月27日(日)大阪厚生年金会館芸術ホールで「桂文珍 独演会」。

J01

  • 桂   楽珍/ふぐ鍋
  • 桂  文珍/老楽風呂(文珍 作)
  • 内海英華/女道楽
  • 桂   文珍/御神酒徳利
  • 桂   文珍/蔵丁稚

御神酒徳利」は江戸落語。三遊亭圓生(六代目)が宮中に於いて昭和天皇の前で口演したというお目出度い噺。

特に文珍さんの新作「老楽風呂」が良かった。時事ネタや風刺も上手くブレンドされ、「老い」についての心境がしみじみと滲み出る作品であった。

J07

続いて、千里中央駅近く、A&Hホール「桂雀々 落語のひろば」へ。

J06

J04

  • 桂    優々/動物園
  • 桂こごろう/阿弥陀池
  • 桂    雀々/喧嘩息子
  • 桂    三象/憧れのカントリーライフ(三枝 作)
  • 桂    雀々/くやみ

こごろうさんは久しぶりに聴いたが、リズム感が心地良い。

雀々さんはマクラで米朝一門の"若旦那"こと、米團治さんの話題に触れた。彼が「立ち切れ線香」を口演している時、そのヒロイン”小糸”(こいと)と、「三枚起請」の”小輝”(こてる)がごっちゃになって、最後は「何で(三味線を)終いまで弾ぃてくれへんねん、”こてと”〜!!」と叫んだとか、「はてなの茶碗」で”茶金(ちゃきん)さん”と言うべき所を”砂金ちゃん”と言い間違えたとかいったエピソードで盛り上がった。

J03

|
|

« 2009年、印象の残ったコンサート&コンクールの名演を振り返る | トップページ | 繁昌亭昼席(12/28) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/47131813

この記事へのトラックバック一覧です: 雀々、文珍、文三、たま/最近聴いた落語会から:

« 2009年、印象の残ったコンサート&コンクールの名演を振り返る | トップページ | 繁昌亭昼席(12/28) »