« フランスのバロック トリオの愉しみ/上方西洋古楽演奏会週間 | トップページ | 沈まぬ太陽 »

最近聴いた落語会から

玉造・猫間川寄席@さんくすホール(10月28日)

20091028175500

20091028180933

  • 露の団姫/太田道灌
  • 桂歌之助/七段目
  • 桂 文我/真田山
  • 桂阿か枝/祝い熨斗
  • 桂 文我/付き馬

満席。文我さんが世話人をされている会。今まで一度も演目が重複することなく、掛けられたネタがこの第46回で丁度200席に達したとのこと。「まだまだ行けます」と文我さん。

団姫(まるこ)さんはマクラで、大師匠で先日亡くなった露の五郎兵衛が創った川柳を披露。

「へそまがりの 虫を一匹 飼っている」
「ネクタイの 数見て恋の 数を知る」

う〜ん、中々粋である。さらに団姫さん、「師匠の遺品を整理していたらネクタイは4本しか出てきませんでした(場内爆笑)……もちろん嘘ですよ!」という落ちがついた。上手いっ!

ちなみに団姫さんと五郎兵衛師匠はNHK朝ドラ「ちりとてちん」最終回 ~ただいま修行中!~ のコーナーに、仲良く写真で登場した。

文太の会@高津の富亭(11月1日、14時)

  • 桂  文太/寄合酒(古典)
  • 桂  文太/八五郎出世(江戸落語)
  • 林家染左/やかん
  • 桂  文太/よもぎ餅(贋作)

20091101132040

生憎の大雨。入りは30人くらい(ちなみに「九雀通信」によると、同日・同時刻に開催された動楽亭・昼席は客が4人だったそう)。文太さんの、味のある名人芸を堪能。

阪神ハートフル寄席@ピッコロシアター(11月3日、14時)

  • 笑福亭呂竹/犬の目
  • 桂      宗助/親子酒
  • 桂     米二/持参金
  • 月亭   八方/算段の平兵衛

兵庫県尼崎市へ。事前のネタ出しはなく、演目は当日のお楽しみであった。

以前から八方さんの「算段の平兵衛」に憧れていた。結婚詐欺事件のマクラが振られたときから、これはも、もしや!?と期待した。そして評判に違わぬ、圧巻の高座が展開された。算段の平兵衛は本当に悪い奴である。しかし一方で、憎めないところもある。演者は聴衆に、主人公に対する生理的嫌悪感を決して抱かせてはならない。八方さんは悪人がよく似合う。その清濁併せ呑む匙加減が絶妙で、凄みさえ感じられた。尼崎まで行ってよかった!

20091103154450

銀瓶・文三 ふたり会@天満天神繁昌亭(11月3日、18時)

20091103173936

  • 桂     文三/狸賽
  • 笑福亭銀瓶/崇徳院
  • 銀瓶・文三  /対談
  • 笑福亭銀瓶/豊竹屋
  • 桂     文三/くっしゃみ講釈

20091103174005

文三さんの「狸賽」は情があって、しみじみ耳を傾けた。一転「くっしゃみ講釈」は機嫌よく愉しく。銀瓶さんはシュッとした高座。

この会の中で、来年は銀瓶さんが「景清」(かげきよ)を、文三さんが師匠・文枝の十八番「たちぎれ線香」に挑戦(ネタおろし)することが決まった。これは面白いことになってきた。

|
|

« フランスのバロック トリオの愉しみ/上方西洋古楽演奏会週間 | トップページ | 沈まぬ太陽 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46649353

この記事へのトラックバック一覧です: 最近聴いた落語会から:

« フランスのバロック トリオの愉しみ/上方西洋古楽演奏会週間 | トップページ | 沈まぬ太陽 »