« 映画「パンドラの匣」 | トップページ | 上方落語の噺家たち/今、この二十人が面白い 第二弾! »

2009年11月24日 (火)

教会音楽シリーズ/日本テレマン協会「メサイア」ドイツ語版

兵庫県のカトリック夙川教会聖堂へ。

M02

延原武春/テレマン室内オーケストラ・合唱団ヘンデル/オラトリオ「メサイア」を聴くためである。

M01

会場はびっしり満席。立ち見の人もいた。原曲は英語で書かれているが、今回はドイツ語で歌われた。日本語訳は正面にスライドで表示される。

バロック楽器が使用され、ピッチはA(ラ音)=415Hz。つまりモダン・ピッチ(A=442前後)より約半音低い。1stVn.-2ndVn.-Va.-Vc.-Cb.の人数が2-2-1-1-1という小編成。しかし教会という狭い空間だから決して物足りなくはない。すっきりとした響きで小気味好い。やはり古楽は大ホールではなく、こんな場所で聴きたい。

アンコールは「ハレルヤ・コーラス」。こちらは英語版で、聴衆の中にも一緒に歌う人々がちらほらいた。

12月25日PM 6:30からは同じ場所でバッハ/クリスマス・オラトリオが演奏される。詳細はこちら

M03

|
|

« 映画「パンドラの匣」 | トップページ | 上方落語の噺家たち/今、この二十人が面白い 第二弾! »

古楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46841511

この記事へのトラックバック一覧です: 教会音楽シリーズ/日本テレマン協会「メサイア」ドイツ語版:

« 映画「パンドラの匣」 | トップページ | 上方落語の噺家たち/今、この二十人が面白い 第二弾! »