« 下野竜也のブルックナー/PAC定期 | トップページ | 教会音楽シリーズ/日本テレマン協会「メサイア」ドイツ語版 »

映画「パンドラの匣」

評価:B+

Pa01

太宰治 生誕100年だそうである。だから「ヴィヨンの妻」やこの「パンドラの匣」などが今年、相次いで映画化された。映画公式サイトはこちら

何と言っても映画に流れる空気感がいい。ちゃんと昭和20年代の匂いがして、虚構の中のリアリティが感じられる。冒頭、桶に溜められた水の鏡が映し出す風景から一気に魅了され、僕はこの作品に恋をした。

川上未映子の凛とした佇まい、天真爛漫な笑顔が魅力的な仲里依紗が素晴らしい。主人公を演じる染谷将太もききりとして好感が持てる。なお、川上未映子は作家としても活躍しており、「乳と卵」で芥川賞を受賞している。

音楽はジャズ・ミュージシャンの菊地成孔。一曲の間にどんどん転調していく様はまるでミッシェル・ルグラン(「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」)みたい!そのモダニズムがちゃんとこの作品に似合っているのだから不思議だ。これこそが、太宰が作品の中で目指した「軽み」(現代の言葉に置き換えるなら「ポップさ」)なのかも知れない。


|

« 下野竜也のブルックナー/PAC定期 | トップページ | 教会音楽シリーズ/日本テレマン協会「メサイア」ドイツ語版 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46841307

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パンドラの匣」:

» 「パンドラの匣」気がつけば、新しい男に生まれ変わったのだ [soramove]
「パンドラの匣 」★★★ 染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介主演 冨永昌敬監督、94分 、公開日:2009-11-28(名古屋公開)、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「戦争を生き残ってしまった日本人は、 どこかで後ろめたいような それでいてお天道様に向かって笑ってしまうような 『どうだ、まだオレは生きてるぞ』と、 だったらオレは... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 07時56分

« 下野竜也のブルックナー/PAC定期 | トップページ | 教会音楽シリーズ/日本テレマン協会「メサイア」ドイツ語版 »