« フォルテピアノってご存じですか?/ハイドン&モーツァルトの楽しみ | トップページ | 下野竜也のブルックナー/PAC定期 »

桂雀々/利久寄席

大阪・堺市にある手打ちそば・うどんの「利久」へ。店の3階にある15畳ほどの狭いスペースを利用し、隔月に開催されている利休寄席を聴くためである。木戸銭が2,000円で牡蠣そば付き(←季節により変わる)。お値打ち(名古屋弁)である。

Ri01

今回が167回目。平成元年から始まり昨年7月に20周年を迎えた。以前は桂む雀さんが世話人を担当されていたが、病に倒れたため現在は桂米平さんが引き継がれている。米平さんは繁昌亭昼席では色物・立体紙芝居を担当されている。

毎年11月は桂雀々さんが出演されるのが恒例だそう。この日はお昼に名古屋で独演会があったそうで、開演ぎりぎりに駆けつけられた。

Ri03

上の写真はお店に飾られた故・桂枝雀(雀々さんの師匠)の色紙。「萬事気嫌よく」と書かれている。

さて演目は、

  • 桂とま都/つる
  • 桂  米平/稲荷俥
  • 桂  雀々/疝気の虫

噺家は客席を縫って高座に上がる。なんとも手作りの雰囲気がある。

とま都さんは都丸さんのお弟子さん。来年、都丸さんが「塩鯛」を襲名するのに伴い、「小鯛」に改名予定との紹介があった。

米平さんは米朝師匠の文化勲章受章の話をマクラに、誰もやり手がなかった噺を米朝さんが復活させた「稲荷俥」へ。

Ri02

雀々さんは「もう僕は米朝師匠のように人間国宝とかは無理なので、天然記念人物を目指します」と。滅びかけていた上方落語を守り、育て、天皇陛下から直接勲章を授与されるに至った過程を落語「はてなの茶碗」になぞらえ、「遂に《はてなの米朝》になってしまわれました」

雀々さんの「疝気の虫」を聴くのは今年5回目。それでも聴く度にアレンジ、工夫が加わり、何度聴いてもすこぶる面白い。やっぱり雀々さんは最高!この噺には堺名物・大寺餅が登場するので、なんだか臨場感があった。落語の醍醐味を堪能した。

|

« フォルテピアノってご存じですか?/ハイドン&モーツァルトの楽しみ | トップページ | 下野竜也のブルックナー/PAC定期 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46827232

この記事へのトラックバック一覧です: 桂雀々/利久寄席 :

« フォルテピアノってご存じですか?/ハイドン&モーツァルトの楽しみ | トップページ | 下野竜也のブルックナー/PAC定期 »