« アイリッシュ・フルート&ハープ/アイルランドの風 | トップページ | 笑福亭福笑"祝"還暦落語会@繁昌亭 »

桂文我・宗助/二人会

ワッハホールで開催された桂文我さん(枝雀の弟子)と桂宗助さん(米朝の弟子)の二人会へ。

20091107181310

  • 雀五郎/子ほめ
  • 宗助/足上がり
  • 文我/妲妃のお百
  • 文我・宗助/ネタあれこれ(対談)
  • 文我/茶の湯
  • 宗助/らくだ

20091107175531

妲妃(だっき)のお百」は2005年に亡くなった桂文紅の遺品から、その師匠である文團治の書き残した筋書きが見つかり、それを元に文我さんが再構成したもの。東京では立川談志が講談から落語に起こし、文我さんもアドバイスを受けたそう。詳しくはこちら。これは怪談噺で、今まで僕が聴いた文我さんの口演の中でもずば抜けて面白かった。凄みを感じた。ただ時間の関係で、これから盛り上がるぞという一番いい所で切られたのが残念。もっと続きが聴きたかった!やはりこういう埋もれた作品を発掘する噺家は貴重である。「算段の平兵衛」「はてなの茶碗」「地獄八景亡者戯」だって、桂米朝がいたからこそ復活した噺なのだから。

宗助さんは米朝ゆずりの端正な芸で聴き応えがある。ただ、上方落語協会に所属されてないのが実に惜しい。やはり繁昌亭に出られないというのは、大きいことだと僕は想う。

|
|

« アイリッシュ・フルート&ハープ/アイルランドの風 | トップページ | 笑福亭福笑"祝"還暦落語会@繁昌亭 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46701725

この記事へのトラックバック一覧です: 桂文我・宗助/二人会:

« アイリッシュ・フルート&ハープ/アイルランドの風 | トップページ | 笑福亭福笑"祝"還暦落語会@繁昌亭 »