« 吹奏楽コンクール終了! | トップページ | 大植英次/大フィル+ウィーン楽友協会合唱団の「ドイツ・レクイエム」 »

名曲とは何か?/大阪シンフォニカー「名曲コンサート」

10月25日(日)に東京・普門館で開催された全日本吹奏楽コンクール《高校の部》の感想を書く前に、前日土曜日の13時半よりザ・シンフォニーホール(大阪)で聴いた児玉 宏/大阪シンフォニカー交響楽団の名曲コンサートのことに触れておこう。

S01

曲目は、

  • モーツァルト/交響曲 第34番
  • メンデルスゾーン/ピアノ協奏曲 第1番
  • シューベルト/交響曲 第3番

S02

これらを「名曲」と言って憚らないことこそ、一筋縄ではいかない児玉さんの真骨頂!特にメンデルスゾーンは本当に美しい。どうして滅多に演奏されないのか、皆目見当がつかないくらいである。

ピアノ独奏は菊池裕介さん。1977年まれの若手だが、実力は大したもの。鍵盤一音一音の粒が揃い、畳み掛けるような勢いがあった。現在アジアのピアニストとしては、北京五輪で演奏したラン・ランやショパン国際ピアノコンクール優勝のユンディ・リ、そしてユジャ・ワンなど中国勢の台頭が目覚ましいが、どうしてどうして日本も負けてはいないなと安堵した。

児玉さんの指揮は歯切れが良く、弾力がある。隅々にまで目が行き届き、繊細なニュアンスに富む。文句のつけようがない、パーフェクトな演奏であった。

|
|

« 吹奏楽コンクール終了! | トップページ | 大植英次/大フィル+ウィーン楽友協会合唱団の「ドイツ・レクイエム」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46592947

この記事へのトラックバック一覧です: 名曲とは何か?/大阪シンフォニカー「名曲コンサート」:

« 吹奏楽コンクール終了! | トップページ | 大植英次/大フィル+ウィーン楽友協会合唱団の「ドイツ・レクイエム」 »