« 《魔術師》児玉宏のブルックナー!/大阪シンフォニカー定期 | トップページ | ウィーン音楽祭 in OSAKA 2009/古楽器アンサンブルで聴くシューベルト《ます》 »

田辺寄席(10/17)/じっくりたっぷり笑福亭鶴志の段

田辺寄席の土曜夜の部を聴く。

Tana01

  • 笑福亭笑助/こんにゃく問答
  • 笑福亭鶴志/三年酒
  • 桂 文太/抜け蟹(贋作シリーズ)
  • 笑福亭達瓶/馬の田楽
  • 笑福亭鶴志/一人酒盛

抜け蟹」は文太さんによる贋作。古典「抜け雀」のパロディというか、改作したもの。物語の流れが自然で違和感はない。味のある名人芸を堪能。

笑福亭のお家芸と言えば、何と言っても酒にまつわる噺だと想う。酔いっぷりが上手い人が多い。例えば松喬さんの「禁酒関所」、あるいは福笑さんの新作「憧れの甲子園」など。そして鶴志さんの「試し酒」も絶品。

今回初めて聴いた「一人酒盛」も凄く良かった。師匠の松鶴とウィスキーのボトルを一晩で2本空けた時のエピソードなども臨場感があって愉しい。帰宅して無性に日本酒が飲みたくなったので、桂枝雀さんが愛した「呉春」で喉を潤した。

|

« 《魔術師》児玉宏のブルックナー!/大阪シンフォニカー定期 | トップページ | ウィーン音楽祭 in OSAKA 2009/古楽器アンサンブルで聴くシューベルト《ます》 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/46519175

この記事へのトラックバック一覧です: 田辺寄席(10/17)/じっくりたっぷり笑福亭鶴志の段:

« 《魔術師》児玉宏のブルックナー!/大阪シンフォニカー定期 | トップページ | ウィーン音楽祭 in OSAKA 2009/古楽器アンサンブルで聴くシューベルト《ます》 »