« 桂春團治 復帰/繁昌亭昼席(8/2) | トップページ | お笑い怪談噺の夕べ「ホンモノのユ~レイも出まぁ~す!」 »

2009年8月 4日 (火)

サンシャイン・クリーニング

評価:B+

20090801180824_edited

Loser(負け犬)の物語である。

一般に、映画に登場するルーザーは2つの類型に分けられる。

  • タイプA…自分が敗者であることをどうしても認められず、「私は強い!」など自己暗示をかけながら偽りの世界を周囲に構築し、虚構の中に生きていく。
  • タイプB…自分のありのままの姿を受け入れ、見栄を張ったりせず、堂々と前向きに人生を歩む。

本作はタイプAだった主人公がタイプBへと少しだけ心の成長する、そんな映画である。だから必ずしもスカッとするハッピー・エンドが待っているわけではない。ちょっぴりほろ苦い味がする。でもそんなところがリアルであり、余韻の残る佳作だと僕は想う。映画公式サイトはこちら

ニュージーランド出身の女性監督、クリスティン・ジェフズがメガホンを取った。

姉妹を演じるエイミー・アダムス(「魔法にかけられて」でゴールデン・グローブ賞、「ダウト ~あるカトリックの学校で~」でアカデミー賞ノミネート)とエミリー・ブラント(「プラダを着た悪魔」でゴールデン・グローブ賞ノミネート)が素晴らしい。「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー助演男優賞を受賞したアラン・アーキンがしっかり脇を固める。

「サイドウェイ」や「リトル・ミス・サンシャイン」同様、インディーズ(独立プロダクション)系の小さな映画だが、これはお勧め。

Sunshinecleaning

|
|

« 桂春團治 復帰/繁昌亭昼席(8/2) | トップページ | お笑い怪談噺の夕べ「ホンモノのユ~レイも出まぁ~す!」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/45823519

この記事へのトラックバック一覧です: サンシャイン・クリーニング:

« 桂春團治 復帰/繁昌亭昼席(8/2) | トップページ | お笑い怪談噺の夕べ「ホンモノのユ~レイも出まぁ~す!」 »