« 月亭八方 IN 月亭会(7/24) | トップページ | 仲道郁代/ショパン 鍵盤のミステリー 第1回「天才誕生」 »

2009年7月26日 (日)

みのお茶寮

大阪府・箕面市にある「みのお茶寮」(公式サイトはこちら)で夕食をいただいた。

20090722183623_edited

ここは神社へ至る道すがらにある。

20090722183700_edited

20090722184331_edited

まずは梅酒と先付。鮑や雲丹、海老などの上にジュレをかけた爽やかな一品。

20090722185133_edited

20090722185847_edited

秋刀魚寿司と、早松茸などが入ったオクラのすり流し。柔らかく握られたシャリに、とろりと油ののった秋刀魚。その後にさっぱりとした碗が嬉しい。

20090722190627_edited

造りも丁寧。船に乗ってくるところが涼やかだ。

20090722192025_edited

八寸。この自家製からすみが良かった。また、ドラゴンフルーツの田楽など面白い料理があって飽きず、日本酒が進む。ドラゴンフルーツはそう好きな果物ではないが、つぼみの田楽は食感が新鮮だった。竹筒に入った冷たいスープは喉をすーっと通り、心地よい口当たりが余韻を残す。

20090722193130_edited

20090722193306_edited

和牛と魳の炭焼き。部屋に炭を持ち込んで焼いてくれる。煙がもうもうと立ちこめて、なんだか可笑しかった。

花山椒を添えられた和牛の焼きあがりはミディアムで、サシは多いがそこまで脂っこくはなかった。

魳は酒盗の風味がよく効いていて、香りもいい。
量もたっぷりで、この辺りから段々お腹がいっぱいになってきた。

20090722194126_edited

天然鰻の白焼き。ちり酢がいい。鰻は臭みもなく、しっとりもっちり。

20090722195038_edited

鱧の小鍋。玉ねぎのせいか甘めのお出汁。

この後、土鍋のご飯、だし巻き卵、おつけもの、赤だしが出され、フルーツが出た後、抹茶を点ててくれた。

大阪市内の和食に比べてどうなのかなと不安もあったが、とても美味しかったしコストパフォーマンスも抜群だった。是非また寄りたいなと後ろ髪を引かれつつ、帰途に就いた。

|
|

« 月亭八方 IN 月亭会(7/24) | トップページ | 仲道郁代/ショパン 鍵盤のミステリー 第1回「天才誕生」 »

食い倒れの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/45727775

この記事へのトラックバック一覧です: みのお茶寮:

« 月亭八方 IN 月亭会(7/24) | トップページ | 仲道郁代/ショパン 鍵盤のミステリー 第1回「天才誕生」 »