« 《さあ、カイシで~す!》 / 《桂三枝はなしの世界》十回記念リクエスト落語会@繁昌亭 | トップページ | それでも恋するバルセロナ »

愛を読むひと

評価:B

原題は"The Reader"で、原作小説の日本版タイトルは「朗読者」。で、映画の邦題にどうして「愛」が入るわけ??

映画公式サイトはこちら

The_reader

この映画は当初からケイト・ウィンスレットが演じることになっていた。しかし彼女は夫のサム・メンデスが監督する「レヴォリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」に出演するために断り、代役としてニコール・キッドマンが決まった。そしてキッドマンが出演中だった「オーストラリア」とスケジュールを合わせるため製作は延期され、2007年末から撮影はスタート。だがその直後、キッドマンの妊娠が発覚し彼女は降板する(ニコールは以前、トム・クルーズとの間に出来た子供を流産している)。予定がずれたおかげで結局「レヴォリューショナリー・ロード」の撮影を終えたケイトが出演できることになり、アカデミー主演女優賞に輝いたといういわくつきの映画である。

この映画でケイトの出演場面の約半分は裸なのだが、ニコールは本気でこの役をやる気があったのだろうか??というのが僕が抱く最大の疑問である。ケイトの場合「タイタニック」や「リトル・チルドレン」などで既にヌードになっているので、今更珍しくもなんともないのだけれど。

まあ兎に角、ケイト渾身の演技が素晴らしい。角張ったドイツ訛りの英語で普段より声のトーンを落とし、生活に疲れたアンニュイな雰囲気を上手く醸し出している。「レヴォリューショナリー・ロード」の役作りとは全く異なり、両者を併せて観ると今年のオスカーは彼女以外にあり得なかったということが十分納得出来るだろう。

原作の「朗読者」は1995年に発表。日本語訳は2000年に出版され、当時大いに話題となった。この時僕は小説を読んだが、全然面白いと想わなかった。しかし映画は違った。原作を超えたことは間違いないだろう。特に新たに加えられたラストシーンがしみじみとした余韻を残し、秀逸である。

監督は「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルドリー。「リトル・ダンサー」(原題:ビリー・エリオット)は同じくダルドリーが演出して舞台ミュージカルとなり、今年のトニー賞で作品賞・演出賞など10部門を受賞した。日本では劇団四季が「ビリー・エリオット」の上演を検討しており、来年完成する四季劇場[夏]こけら落とし公演の最有力候補となっているようである。

|
|

« 《さあ、カイシで~す!》 / 《桂三枝はなしの世界》十回記念リクエスト落語会@繁昌亭 | トップページ | それでも恋するバルセロナ »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/45430565

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を読むひと:

« 《さあ、カイシで~す!》 / 《桂三枝はなしの世界》十回記念リクエスト落語会@繁昌亭 | トップページ | それでも恋するバルセロナ »